釣りオヤジ降臨!

投げ釣り、船、イカダ、堤防など釣行記等

2月21日カサゴ釣り後記

前回のカサゴ釣りの追記です。
補足的に書きますね。

20180224085430cca.jpg

南知多の船宿の多くは釣り座は先着順である。
船釣りに於いては釣り座はとても重要と思っている。
まあ、当たり前。
両隣が居るのと、片方だけというのでは開放感が全然違うし、道具を置く事ひとつとっても気を使うし。
まあ、そんなメンタル的な事だけではなく、例えば潮下であればラインは流しっ放しにしても誰にも文句は言われない。
言ってみれば、自身の下の広大なエリアを独り占め(相当言い過ぎ・笑)
潮上であれば、最初にポイントに船が入っていく位置にいるワケで、魚に一番先に気が付いてもらえる!⇒釣れる確率が上がる。
船釣りに付き物?(笑)のオマツリも両隣に人が居れば当たり前にオマツリする確率は高まるけれど、片隣ではまあ減るという事で。
という事で、船の四隅は人気の場所と言えます。
じゃあ船の真ん中ほどはというと、一番揺れが少ない部分であり、それだけに酔う恐れのある方は胴でやられる方がいいのかもしれません。
また、エントリーさんとかは船頭さんから近い位置になり、いろいろアドバイスを受けれたり、周りの方の釣り方を勉強も出来る。
ただ、まあ一般的に人気は四隅で先着順とくれば、早くに行って押さえるだけ。
今回は到着した時点で既に強者が一人いて『トモ(船の後方)にキープしたよ』と。
釣り座を左舷ミヨシ(先端)にした。


出船前にタックルの準備をしているとなんとなく胃がムカムカしている・・・・・気がする。
私は基本酔わない人間である・・・・・・などと思っていましたが前回終盤に酔った。
気ばかり若くて(笑)年齢とともに体もへ変化しているのかも。まあそんな事もあって今ムカムカしているのは明らかにマズイ。
という事で船頭さんに船酔い止めの薬を貰って飲んだら、それなりに揺れてはいましたが終始大丈夫だった。
いつもは出船前からビールを飲んでいる。今回は不味いカモしれない・・・・・と言う事で控えた。
それも良かったのカモ。

出船して、ハプニングが起こって伊良湖に着いた時に、右舷ミヨシの方と少しお話。
「私も、すぐ横の方も同じくらい順調に釣れていますよ」との事。
『しまった!!今日は右舷だったのカモ?前回も右舷だったし・・・・・・』
まあアトの祭り。今更。
よく船釣りをやられない方が、
「船釣りは船頭さんが魚の居るポイントまで連れて来てくれて、電動まで使えば釣れて当たり前だから」・・・・・
そんな風に言う人がまたまに居るが全然違う。
右舷左舷でも釣れ方は違うし、釣果は力量で全然変わるしね。
まあ、やってみてまったく合わない釣りは個人差でイロイロある事も事実。
だからと言ってあの釣りはつまらないとかそんな風には吹聴するのもね。
とまあ、話は逸れましたが、今日は『右舷の日』だったのカモしれない。

釣果は前回と比べて少なかったのだが、原因は自分にも十分ある(笑)
一番のミスはアタリと底を錘が擦れているのを勘違いしたから(>_<)
コレはいわゆるエントリーさんにありがちなミスですね。
通常魚が掛かると竿先手元にゴゴゴゴゴって(笑)まあ表現の仕方は人それぞれ。
船釣りは一般的にポイント上に船を置いておけるように船頭さんが操業しながらの釣りになるが、まあ船は微速でポイント上を通過している。
ウタセ真鯛などはポイントにウタセエビを巻いて魚を寄せる為、錨を下してその場で固定してのカカリ釣りになるが、大抵の釣りは船頭さんがポイントの上を流している。
で、ソコに錘を置いているとゴンゴンゴンって『来たね!』って電動スイッチONで巻き上げ・・・・・・上がって来てアレっ?居ない?バレた?
連続ではないものの、こんなんを数回やった。
カサゴの場合は水圧の影響でスグに暴れなくなるからということもあってか、最初の頃は何も疑わずに単純にバレたと思っていた。普通の魚は途中も暴れますからスグに分かるのですが。まあ紛らわしい。
よくよく気が付いてみるとエサがきれいな姿で残っている。という事は魚の口に入っていない?
多分、ソコを仕掛けがこすっている感触がとてもアタリの感触ににていたのかな。更にスグに電動リールスイッチ合わせにしていたからもう魚が掛かっているモノばかりとすっかり勘違い(笑)
水深が60mくらいあるから大体60秒くらい巻き上げで掛かる。ソコにおとす時間もまあそのくらい。エサを付け直してたりすればまたその時間も無駄で。上げて、エサ、下してで3分くらい。ソレを10回くらいはやった(笑)
計30分はミスで無駄に(>_<) 
まあ、途中からはエサ見て気付いたのですが・・・・・
アタリと底の擦れの見極め・・・・・なんか恥ずかしいレベルのお話し。

まあでも周り見ても並の釣果だったからまあ良しなのかな(笑)

とりあえず月間0匹は回避できたという釣行。
釣れない時期でも釣れる釣りモノは有るワケで。

伊良湖水道はブリ、ヒラメ狙いの泳がせ&ジギング船大盛り。
食べて美味しいフグ釣りもまだやってるみたいだし、メバルも盛って来たとの事。
初期投資にソコソコ掛かりますが、沖釣りもオカッパリの釣り同様また楽し・・・ですね。
もう直ぐ3月、まだまだキスにはチト早いか(笑)



にほんブログ村
[ 2018年02月24日 13:45 ] 船釣り | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:名古屋のイシカワさん
キスの投げ釣りを中心に、たまにイカダ、たまに船。
ですが最近はなかなか釣りに出掛けておりません(笑)
気紛れ更新になりますが、気軽に覗いてやってください。

最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム