FC2ブログ

プロフィール

Author:名古屋のイシカワさん
キスの投げ釣りを中心に、たまにイカダ、たまに船。
ですが最近はなかなか釣りに出掛けておりません(笑)
気紛れ更新になりますが、気軽に覗いてやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

8月7日(水)、南知多でキス投げ釣りも大苦戦(>_<)

8月7日(水)、南知多でキス釣りに行ってきましたよ。
今年調子の良い三河湾側で始める。

場所取りのために早くに着いて突堤から投げようと日の出前に。
するとすぐ後に車が来た。まさかこっちに来ないよね。すごく小さな突堤。無理がありますよ。
いっこうにこないから、南側堤防へ行ったのかしらん。まあいいや。
と、どビックリ。あろうことか、私のすぐ対岸(20mくらい左側)の突堤先端にいらっしゃられる(驚)すごく細くて狭い突堤、そんなとこでやるのか・・・ですが。というよりソコに入られると私の投げられる範囲は極めて限定されます。正面右に離れテトラがあり、ここは正面より左側しか投げられないポイントなのですが、その左側突堤で釣りがやれるとしたら完全に被ります。
私の方が先着なのに、コレは私の方が声掛けして投げさせてもらわなきゃいけない状況?向こうは当たり前の顔して準備しているし。
微妙だな。まさかそこで釣りをするんだという場所ですが、向こうの方が場所的には正面を向かって投げれる場所。コチラの方がここでは正式?な場所だとは思いますが、被せる形になる事は明白。お互いに声掛けもしていないし。
3投投げて釣れないし、オマツリする前に場所移動。向こうはコチラの存在をどう思ったか知らないけれど、あんまり気分良くないね。

隣接するサーフに行く。
20190808052257800.jpg
結構ココのサーフもやっているのですが、今日は誰も居ない。
奥の水門のトコロで先日は良かった記憶。
ソコに辿り着く前に数投。釣れん。
水門前。釣れん。
オマケに根掛かり(>_<)そうだ前にココでやっていた時に力糸からロストしたんだ!!肝心な事は忘れている(>_<)外れない。
今回も力糸からロスト(>_<)
ここダメだね。まだ朝早いし場所移動しよう。

やなし南側突堤。
投げるも投げるもゼンメとチャリコ(>_<)
だめだココも。
ハゼおじさん2人が「入れ食いだよ」って。キス針5号だったらハゼもやれないでもないか・・・・一瞬思いましたが、やりません。
ハゼおじさんが1匹釣れるのを見て挨拶して場所移動。

20190808052255e36.jpg
本日のタックルです。
仕掛けはキス針5号5本針です。
さて、対岸伊勢湾側まで来ましたよ。ここもあまりピンとこない場所(笑)
南向き堤防で投げて。撃沈。
西向き堤防では先日遠投150m地点で少し釣れましたが・・・・・ワカメが絡んで釣りになりません。
まずいな。3時間以上やっていますが、ココまで1回もキスのアタリを感じていない(>_<)
ここもダメだ。場所移動。

北側堤防から対岸堤防先端、棒杭周りを探ろう。
北側堤防は駐車場から遠く不人気ですがキスは案外釣れた記憶。最近はあまりやっていませんが。
だれも居ないので海鳥だらけです(笑) 推定300羽ほどに退いてもらいます。一気に飛び立ち上空を飛び回っています。
うわっ!鳥糞にやられないか!?大丈夫でした。
釣果は大丈夫でなかったです。ここも撃沈(>_<)場所移動。

野間サーフ。
チャリコしか釣れません。
なんかおかしくないか?ここまで全く釣れない。
暑くなって来たし。切り札投入するか。場所移動。

さて今年のココはどうなのでしょうね。
1投目からブルルって
キタ━(゚∀゚)━!
追い食いも待って数回のアタリ。
回収回収♪
( ´,_ゝ`)プッ
メゴチダブル(T_T)
メゴチの方がキスのアタリより大人しいアタリなんだよね。

気を取り直して少し方向を変えて
ブルブルっ!!
今度こそキス!!追い食い待って。
20190808052258282.jpg
本日初キス×2&メゴチ。

次は待って待ってパーフェクト!!
20190808052300ca9.jpg
も、キス×1、&メゴチ×4 (T_T)


少し移動して
20190808052301c20.jpg
キストリプル!!(´∀`*)ウフフ

メゴチも良いサイズはキープしました。
そう言えば、ココで気付いたのですが、メゴチバサミが無いΣ(・ω・ノ)ノ!
どこかで落としました(T_T)2枚目の画像では写っているから、冨具崎以降なのかな。メゴチバサミはしょっちゅう失くします(T_T)
そういう時に限ってメゴチばかり釣れてくるようになりthe end。

そう言えば、ここでは珍しい現象が。
釣れた魚を回収しているとその後ろを3、40cmくらいの魚の群れが追いかけてくるΣ(・ω・ノ)ノ!
ツバスの群れだ!!
その後も3回ほど釣れた魚を追いかけてきました。
よくよく見ると相当いる。獲れるか?当たり前にルアーなんて持ってきていないし。
あえて食わせてやるか?ハリスが細いから無理、対象外(T_T)


2019080805234086f.jpg
なんか酷い日でした。
何だったのだろう?
ここまで釣れないのもねえ。水温高過ぎ?
こんな日もあると思うのですが、病院前、やなし突堤は肩入れし過ぎなのかなと。
暑くて集中力が無いのかな?今日も何カ所か周りました。1か所で粘って撃沈なんてキス釣りではあり得ないワケですが、見切りが少々早過ぎ?まあ、釣れていない時は割り切って移動も早くなるか。



ココをポチっとお願いします!!

にほんブログ村

投げ釣り教室 ~投げ釣りで飛距離を出すためには~  ≀ ̄ヽ(゚∀゚ヽぅー  三  ノ゚∀゚)ノ ̄ㇼャ―ッ 

毎日暑いですね。
くれぐれも熱中症には気を付けて釣りをエンジョイしましょう!

という事で、教室だなんてあなた一体何様ですか?などと怒られてしまいそうだから、投げ釣りベテランさんにはこの記事はスルーして下さい(笑)
因みにキス釣りに特化して書きます。カゴ釣り、ショアジギ、磯の遠投は専門外ですので。


今、この界隈でも丁度キスが接岸の時期でもあり、投げ釣り、ちょい投げ釣りの方々の姿をよく目にします。
それでいて、たいていの方が『こうした方が良いのになー』と感じてしまう投げ方をしているのですね。で、お節介焼きの私はたまに見知らぬ方に『こうした方が良いですよ』などとアドバイスをしてしまう事も。ほんと何様?ですよね(笑)
因みに私の投げ釣りほとんど独学です。雑誌、画像、TV、動画などを見て。昔なんて動画なんて無かったから解説文とスライド画像を見て。まあ解説文なんて全然理解出来ずに役には立ちませんでしたが(笑)

因みにこのテのネタ・・・・毎年やっています(笑)
よく言われる事に、「初心者はサビキかキス釣りだな。簡単だから」
そんな風に無責任におススメしておいてしっかり最初に教えない輩が多いから、投げても距離があまり出ない方が多いのだと思います。ちょい投げどまりの方が多いのもそんな結果だとも思います。
だから初心者で記事を見てくれている人に伝われば・・・・なんて( •ω• )
決して忘れた頃に同じネタをぶち込む・・・・・という姑息なブログ更新の為でもございませんから(笑)


《簡単に飛距離が変わるよ》

大抵の方がオーバースローで投げられております。
それで大抵の方は天秤(錘)を竿先にくっ付けて(竿先直ぐ近くに)投げているのですね。多分そうする事でコントロールが良くなるからそうされているのだと思います。
が、ソレが一番の間違いなのですね。投げ釣りでバンバン遠投されている方達は腕力で投げているワケではありません。仕掛けをより遠くへ飛ばすメカニズムはより竿をしならせてその反発で距離が出るのです。
竿をしならせる為には、天秤(錘)は竿先にくっ付けるよりも少しでも竿先から離したところに置いた方が良い。
私は竿先から大体リールシートくらいの位置まで離します(タラシをとるといいます)
言ってみれば竿の長さで投げる ✖   竿+天秤までの長さで投げる 
最初はコントロールが定まらずに難しいのかもしれませんが、この修正だけで慣れてくると全然違った距離を投げれるようになります。
この事を知らずにやられている方、非常に多くて。コレについては感のいい人ならば、その場の修正で即、距離が伸びることでしょう。
因みに私の周りで投げ釣り師はいません。投げ竿、投げリールでずっとやって来て、それでも全然距離が出なくて。センス無いなあって思っていたのですが、でこの事に気付いて飛距離が少しずつ出るようになり・・・・コレはまさしく自身の体験談です。最初の投げ専用タックル買ってから数年後の気付きです(恥ず)独学のデメリットですね。



《より飛距離を出すタックル》

因みに、注意点があります。
竿をよりしならせる(曲げる)には、竿に適合した天秤(錘)の重さが必要になります。大抵の竿には記入されております。
じゃあ竿を曲げるには、より重い天秤(錘)の方が良いのでは?と言うとそうでもありません。竿の表示より重いと過負荷になり折れます(>_<) 
その逆も然り。天秤(錘)がより軽いと、竿に負荷が掛からずに竿は曲がらないため反撥が生まれずに、竿の長さ、腕力だけで投げる事になり距離は出ません。 

100mくらいは飛ばしたいと思うのであれば、20号くらいの天秤(錘)が使えるタックルが必要になり、そうした時にはラインも細くしたいから、チカラ糸も必須にはなります。 
チカラ糸付けてしっかり投げようと思うのであれば、そのままでは指が切れますので、フィンガープロテクターが必要になります。
もっと飛ばしたいと思うのであれば投げ竿に投げリールが必要になります。ラインもより細くて軽いPEラインの方が距離は出ます。
2019061920051252f.jpg
高価なタックルの方が飛距離が出るか?・・・・・・?何千円のセット物でなければそれなりに投げれると思います(笑)
因みに私の定番タックルでしたら、投げれる人でしたら軽く200mくらいは投げる事が出来るでしょう。私はMAXで150m(T_T)
そういう事です(>_<)



《距離を出す投げ方》
ここでコレを読んでいただいている方でしたら、まずは徹底的にオーバースローをしっかり習得しましょう。
投げ竿、投げリールでオーバースローがしっかり投げれるようになれば100m(4色)くらいの飛距離は出せれるようになります。
因みに投げ方は私の拙い解説文章を読むより、ベテラン投げ師さん達の動画を探して見て憶えてもらうのが一番分かり易いと思います。
他にスリークォーター、回転投げなどがあります。

注意点としては、目標地点を見ながら投げるのではなく、目標地点の斜め45度上空に向かって投げるようにしましょう。目標地点を目がけて投げると、軌道はライナー性になり距離が出ません。斜め45度上空を目標にする事で、より飛距離の出る軌道になるのですね。




という事で、明日以降に私なりのキスの釣り方なども記事として書いていくつもりです。
まあ、ありきたりで普通ですが。


ココをポチっとお願いします!!

にほんブログ村



8月1日(水)、南知多豊浜漁港から冨具崎漁港キス投げ釣り&前後でグルメ紀行

8日間京都の仕事を終え、会社的には月末月初でしたが結構無理矢理的に31日、1日と連休取得(´∀`*)ウフフ
ゴミ拾いの集まれるメンバーで31日夜に飲み会、1日に釣りをしましょうと言う事で、豊浜の居酒屋『あゆちゃん家』に集合。
やすくん、フカヤさん、Tヨトミさん、タコ助君と私の5名。
居酒屋『あゆちゃん家』は釣り好きご夫婦が始めたお店で、ココの東海釣りブログのいろんな方達の記事でも紹介されていますよね。
20190801204338b28.jpg

o1080108014519301954[1]
お店のご主人も気さくな方で、美味しい料理に楽しい時間をどうもありがとうございました。
店内は広くてゆったりとくつろげる空間。ランチ営業もされているようで、皆さんも一度是非訪れてみてはいかがでしょうか。

翌日は豊浜釣り桟橋でサビキ釣り。
私はちょい投げタックルで堤防からキスを狙います。因みに堤防からは投げ釣り禁止ではございませんので悪しからず。
ただ・・・・・・釣れません(笑)
聞くとサビキチームも釣れていません。タコ助さんが良型🐙タコ1匹釣ったのみ。
去年のこの時期は・・・・・・そうです。ココの連中と某所でカニ掬いをやっておりました(笑)余談です。
という事で、私はココに見切りを付けてそうそうに場所移動します。

野間サーフかな?眠たかったから途中冨具崎駐車場に車を付けて少しだけ仮眠。
スグに起きて面倒臭いからココでやるかと。
冨具崎のイメージはキスは・・・・・あまり釣れません・・・・・なんてずっとあるのですが、去年12月まで釣れてくれたから認識を訂正しなきゃと。でもやっぱり釣れる気はしません(笑)

ココでは投げタックルで臨みます。
竿:シマノスピンパワー405CX、 リール:シマノキススペシャル、 L字型30号遊動天秤、 ラインPE0.8号、 キス針5号5本針、 エサ:石ゴカイ
20190801204335214.jpg


まずは南側堤防から。ここはホテル裏岩礁帯付近が秋に良いのですが、さてこの時期は・・・・・・・釣れません(>_<)
移動します。
西向き堤防進入禁止柵前はサビキの方達が居て、その手前から投げます。
ココの堤防の良いトコロは、平日は空いていて、結構地面コンクリが綺麗で仕掛けを置いてフルスイングが出来ます。
たまに漁船が通るのですが、気を付けて居れば問題ありません。
さて・・・・・・・釣れませんね。という事で少しずつ南側へずれながら投げます。
と、6色付近で良い感じのアタリ。追い食いを待ちますが着ませんので回収してみます。
20190802020338d32.jpg
次はメゴチ混じりでダブル。良さげのポイントかな。メゴチも最初はリリースしておりましたが、キスの数が知れているので途中からメゴチもサイズ次第でキープ。
サビキオジサン達と入れ替わりで柵のすぐ横に入ったオジサン投げ師もコンスタントに釣っておられる。やっぱあっちの方が良かったのかな。

段々釣れなくなってきたので、徐々に徐々にと南側へズレていく。と、ある地点からは着水地点でスグに海苔が絡む様になる。
これじゃあ釣れない。なんて思っていたトコロにひろちょ君事、タコ助さんからTELが入る。
ソッチに行きます。豊浜は釣れません。との事でした。
やめようと思っていたトコロだったのに・・・・・暑くて暑くてもう釣果もどうでも良くて。
フカヤさん、ひろちょ君合流。
また再度南向き堤防から投げます。
イイ感じのアタリが出て・・・・・・チャリコ(>_<)
再度同じポイントでチャリコダブル(; ・`д・´)
このままでは死んでしまう・・・・・・暑過ぎ!!
トイレで水を頭から被って頭に濡れタオル、ポカリを摂取し、再度投げて三度チャリコ(T_T)
『ひろちょ、常滑チャーシュー逝こう』食いしん坊のひろちょはスグに喰い付きます。
「はい、行きましょう」
終了(笑)因みにフカヤさんは貧果にそうそうに帰って行かれました。
お隣でキス釣りやっておられた方に半ば強引にキスを貰っていただく(笑)
20190801204332615.jpg
メゴチあわせても10匹居ないか(笑)

という事で
2019080120433403f.jpg
〆の常滑チャーシュー。
でもなんか暑さにやられ過ぎて頭は痛いはで、チャーシューもほとんど持ち帰り。あ、ここのチャーシューはデカ過ぎで、多くの人が”備え付けの”ビニール袋に入れて持ち帰っております。
ひろちょとも常滑チャーシューでお別れし、帰路途中に日陰に車を停めて泥の様に眠りこけました。
毎日毎日が今年の暑さ記録更新・・・・みたいな天気です。
皆さんも日焼け、熱中症にはくれぐれも気を付けて釣りを楽しんで下さいね。


ココをポチっとお願いしますどすえ!!

にほんブログ村





 



7月7日(日)、南知多にてキス投げ釣り

家のリフォーム業者がどんくさくて、釣りに出掛けるタイミングが損なわれております。
7月7日(日)は『土曜の夜から釣り仲間と飲み会』と、嫁に嘘申請して日曜昼までの時間を捻出した。
前回良かった病院前に総菜を買い込んで前日夜に到着。
201907071828544d4.jpg
飲み会(笑)

朝は4時起き&場所キープ。
竿を組んでいると寝ぼけてて手が滑って2番継ぎの竿を堤防下へ落とした(>_<)
そんなに高くない堤防。テトラ伝いに下りて拾いに行ける位置に落ちている。スパイクブーツでは無いモノの、トレッキングシューズだし、まあ何が何でも取りに行かなきゃあと。
ひょいひょいと降りていくと竿目前で靴が滑る(>_<)大事には至らなかったけど左肘ずり剥け。少量の流血。痛いけれど釣りは普通に出来る。という事で釣りをします。

本日のタックルはいつもと一緒。
竿:シマノスピンパワー405CX、 リール:シマノキススペシャル、ラインPE0.8号、30号L字遊動天秤、PEテーパー力糸、キス針5号5本針、エサ:石ゴカイ。全くいつもと変わらない仕掛け。

天気・・・・・雨!!天気予報では曇りだったからカッパ持ってきていない(>_<)
着換えのTシャツ持参だから濡れながらやる。小雨だけれども蓄積されて結構濡れる。
海水は・・・・濁ってる。キス釣りには悪条件だけれども、まあそれなりに釣れるでしょう。

20190707182857d3d.jpg

手前が藻場になっていてその奥に入れるのですが、引き釣りするとこんな感じにスグになる。
かといって引き釣りせずに食って来るのを待ってるとアタリが出ない(TT)
分っている場所だから何とかやっているモノの、全然知らない場所だったら多分数投で諦めているくらいの惨状。
ここの場所で拘ると今日はダメだな。今日は昼には自宅着縛りだから見切りを付ける。ココで10匹弱の釣果。

隣りのサーフはと言うと、満潮で・・・・・・・浜がない(笑)3人ほどそれでもやられていますが。

さて、釣り場的にはどちらかと言うとメジャーでも無い場所なのですが、やはり日曜日、それなりの人出。
投げ釣りの方も多く見えて多分小一時間くらいはしゃべってた。

さてどうしよう?反対側になるけれども冨具崎にでも行こうかしらん?日曜日のメジャーどころはドコ行っても混んでいるし。
近くの〇なし右突堤に入れたらソコでやろうかしらん。
珍しく左には人が入っているが右は空いていた。後から後から人が来たが狭い場所なので皆さん諦めていく。とてもタイミングが良かったのかな。
ここでやるの2年ぶりくらいかな。全然ドコの方角が良いかなんてわかりません。
右奥に沖テトラがある。その近場は普通ポイントになるはず。という事でそっちに投げ込む。
4色半。堤防からのオーバースローの私のMAX地点。馴染ませて引き釣り開始とともにアタリが出る。201907071830070f2.jpg
(´∀`*;)ゞ エヘヘ 
20190707182851f30.jpg
(´∀`*;)ゞ エヘヘ
投げる度に良型が釣れた。ここってこんなに釣れる場所だったんだ。再認識。
まだまだ釣れるであろう状況でタイムオーバー。
ココもまた今度来てみよう。

帰宅途中で実家に寄り10匹ほどお裾分け。
残り。
201907071830086e7.jpg
内海とかをホームでやっていると知多半島キスって小さいのばかり・・・・なんて言う認識を持っているのですが、最後のポイントは良型揃いでなかなかでした。
私のキス釣りでは1日同じポイントでやり続ける事はまず無い。釣れていても途中で移動したりもする(笑)
本日も場所移動に助けられたような結果。
それなりに楽しい釣行でしたよ。


ココをポチっとお願いします!!

にほんブログ村




6月19日(水)豊浜漁港にて&南知多某所でキス投げ釣り

18日(火)に夜会をやりましょうと言う事で、某漁港でブッコミ釣りをする事に急遽。
トヨトミさん、ひろちょ君、私の平日集まれるメンバーで。
20190619200515c39.jpg
ブッコミ釣りの傍らで楽しく、美味しく過ごします。
お約束のアナゴ、カサゴ、メバル、キス、蟹(笑)の釣果でした。
翌日は南知多でキスの投げ釣りを単独で行う予定です。
全員、各自車中泊。

翌日はしっかり予定時間に起床。
夜会場所から程近い前回釣行ポイントへ行きます。
2019061920051252f.jpg
日の出とともにスタートです。
今回もいつもの投げタックルです。
前回は干潮時の釣行でしたが、今回は満潮時。足元の根の状況は緩和されるのかしらん。
風はほぼ無風。投げやすい状況です。
ポチポチと釣れますが、追い食いは渋いです。やっぱり足元から50mくらいまでは根がきつく、なるべく早めに水面まで巻き上げないと海藻に絡んでとても面倒になります。

20190619200509f3b.jpg
こんな感じで釣れていたら知らぬ間に真後ろにまさしく中国人観光客?が2人Σ(・ω・ノ)ノ!
どビックリでしたが、まあ普通に見ているだけでしたので。
スマホの翻訳ソフトから『大キナ魚デスネ』と聞こえて来て大笑い。『リトルサイズだよ』って(笑)
ただ、こんな何にもないトコロでこんな早朝に外国人観光客。今時は有名観光スポット以外でも訪れるらしいのですが、スマホで写メパシャパシャ撮ってました。全然楽しさも物珍しさも無い様な気もしますが、手を振って去って行きました(笑)

さて、今月12日、15日、今回の19日と連続で短いスパンでのキス釣りです。各回ともにオカズになるだけの釣果はありましたので、また今日もそれなり(30匹弱?)に釣れており、このまま帰れば絶対になんか言われるだろうな・・・・・

そんな頃にひろちょ君からLINEで
『豊〇釣り桟橋でタコっておりますよ』
そうだ、ひ〇ちょ君のタコとキスを交換してもらおう(笑)

豊浜に到着すると
201906192109021c0.jpg
Σ(・ω・ノ)ノ!また釣ってらっしゃられる。
『何匹目(・ω・?』
「7匹目ですよ」
『ちょうだい(・ω・?』
「いいですよ」
『わーい!(・ω・)お礼にキスあげるね!』
「カルキスがトラウマになっているので要らないですよ」
『最近カルキス釣れていないから大丈夫だよ(・ω・)ノ入れておくよ』
快くいただいてもらいました。

手持無沙汰なので南向き堤防からキス釣りをします。
2019061920061996f.jpg
スグに釣れます(笑)
投げる度に(笑)ただ少し小さいけど。
調子に乗っていると、メゴチが混じってきます。
ひ〇ちょ君もまたもう1匹追加したとの事です。
『いっぱいキスあげたし、次また釣れたらもう一匹ちょうだい(・ω・?』
「いいですよ」
『じゃあがんばってタコ釣ってよ(・ω・)ノ』
「はーい、わかりました」
という事でもう1匹もらえる事に。
やすくん登場です。ガリガリ君差し入れありがとうございます。日間賀に行っていたそうですが、良くなかったとの事でした。
結局豊浜でもキス7匹追加。全部それもひろちょに貰ってもらいました。
という事で、終了です。
帰りがてら何処かでランチ・・・・と言う感じでしたが、頭痛がひどく真っすぐ変える事に。

20190619200514a19.jpg
キスと交換。本日の持ち帰り(笑)
で、こうなりました。
20190619200511318.jpg

さて、ココのトコロ休みの度に釣行しておりましたが、家の一部リフォーム工事が月末月初であり、休みの日は家の留守番しなければいけませんので、少しの間は釣りはオアズケです。まあしょうがなしですね。
次回釣行は少し趣向を変えて、船かイカダに乗ろうかしらん(・ω・)


ココをポチっとお願いします!!

にほんブログ村

あ、追伸です。
ひろちょと交換であげたキスですが、数量は数えておりませんので分かりません(笑)
そのウチ1匹が捌いたらカルキ臭持ちだったらしいです。どうも気付かずスミマセンでした。
また、〇浜釣り桟橋でひろちょ君がタコ好調に釣りあげておりましたが、決して簡単に誰でもジャンジャン釣れるモノではありません。あれはひろちょ君が『たこ野郎🐙』なだけですので。