FC2ブログ

6/27内海シロギス釣行 余談

先日の釣行の”ふりかえり”です。
実釣時間はAM6:00~AM10:00 4時間。
内海新港内で2か所

まあ、土曜日というコトもあったのですが、灯台跡突堤先端に入れればナントカ釣りになると思っていたのが、少々の”寝坊”で入れず。
やばいなあと思いながら新港南向き堤防でやってました。
新港南向き・・・・釣れん⇒新港西堤防・・・釣れん⇒土曜日場所も入れずグダグダ・・・・というアリがちな”ダメパターン”に陥るのではないかと、内心冷や冷やモノでした。

ところが、南向き堤防ではポイント次第でポツポツ拾い釣りが出来る。・・・・と言う事は西堤で釣りになるんじゃないかと・・・・と言う事で、ポツポツ釣れていた南向き堤防を速攻で見切りを付けた事が結果的には正解でしたね。


西堤防では2か所だけで50匹ほど釣れました。
投点は6、5色からの引き釣りで4、3色まで。面倒なので3色から足元は探っておりません。627キス4連

群れが比較的大きいのか、連掛けもかなり効果的でした。普通に2連、3連で釣れていましたね。
ただ、大きな西堤防全体で釣れるのかは、分かりませんが私のやってた場所は好感触でしたね。
サイズはマイクロピン~21cmまでとバラツキあり。
カルキスはタマに混じります。要注意。

多分ですが、他の方見てる限り、盛期のように足元でもジャンジャン釣れる様な状況では、まだないみたいですね。
堤防でもまだこの時期、遠投有利というコトでしょうかね。


まあ今回の好結果もたまたまって事もありますし、また近日中に行ってみようかななんて思っております。

あと、あまり考えたくはないのですが、いつもと違う要素が一つ。
”死にゴカイ”
一抹の不安を抱えながらでしたが、1、2投目で即解消。
全然普通に釣れます(笑)・・・・・というより今回は現時点で今シーズン最高の釣果・・・・・ひょっとして、”死にゴカイ”が好釣果を招いた?
これについては、管理の不始末が招いた”死にゴカイ”であり、流石にもう一度ゴカイを”そうさせる”気にはならないし、死に具合が微妙なのですね。液状化してしまえば針に刺せないし、触るのもイヤ。
まあ、あまり釣果に関係ないと思いたいですね。
次回以降、不調が続くようならば・・・・・やってみるかもしれませんが(笑)

そう言えば、南向き堤防で隣でやってたカップルもシロギス目的か投げ込んでやってました。(カップルがキス目的なんて書くと意味が変わっちゃうからここではシロギス)
たまに引き釣りをやってるのですが、アタリが出たのか巻き上げて来て、魚が付いていないのを見て首をかしげてました。
投げ込むトコロを見るとゴカイ1匹丸ごと針付けです。
アタリは出るけど乗らない典型的パターンですね。
エサ大き過ぎ。
針じゃない方をついばまれてアタリは感じるのでしょうが、エサが大きいから針まで吸い込めていないパターン。
夜釣りとかで置き竿にして何度もアタックさせるのでしたら全然アリですが・・・627エサ付け
※キス5号針、エサの大きさは1cmくらいですかね。
こんなんで十分。・・・・・とは、おせっかいと思われるのもイヤなので伝えません。
釣り場のカップルってデートの一環?ソコまで釣果を求めていない?微妙ですので、あまり声掛けしません。
でもこれって相当釣果に現れるかと思います。

全然余談ですが、キス釣りに於いて釣れる人、そうでない人の違いって
●エサの大きさ
●針の大きさ(市販仕掛けは7号とか8号が多いですね)
●PEライン
●飛距離
●スタイル(置き竿、引き釣り)
多分コレくらいの目に見えるトコロの違いなんじゃないか?と、よく思います。
まあ、飛距離以外のトコロは対処可能ですよね。
私レベルが何を偉そうにって思われてしまうのもイヤなのでこのアタリで・・・・・


さて、今週も水曜日あたりに出掛けてみようかしらん。
もう明後日か。


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村




6月27日(土)釣行記。満足な内海シロギス釣行

6月27日(土)キス投げ釣りへ行ってきました。
ただ、どうも最近釣行当日に更新出来ない。”数日前ネタ”ですが宜しければお読みください。

今回は件の『ヘッドライトの初点灯式?』も兼ねて&土曜日と言う事で、『昼には帰るから』と嫁を説得して釣行にこぎつけた。
6/26(金)の夜はお酒を飲んでしまったために27日(土)早朝出発とした。
AM2:30にアラームをセットするも起きれず。
結局AM4:30に出発。
2、3日前の週間天気予報では『雨』予定・・・・それはそれでカッパ着てやるからイイ。逆に土曜日で混雑するからその方が都合がイイ・・・・・だなんて思っていたら、どうやら『曇りのち晴れ』らしい・・・・・・という事で、この時間の出発では、もう既に思い描いていたポイントへはまず入れないでしょう。

と言う事で、開き直って『朝マック』ドライブスルー。
チキンクリスプマフィン頬張りながら『さて、どこ行こう?』
安直に・・・・・・『内海新港かな』・・・・・・今年はまだいい思いしておりませんが。

6時前到着。
既に結構な釣り人の数だけれども、竿は余裕で出す事が出来る。
とりあえず南向き堤防でやる。まあ、ここは駐車場からすぐだし。



タックルはいつもの投げ竿&投げリール&30号天秤&キス針5号5本針。
が、今回はエサが『少々難アリ』なのですね。
627餌箱
エサが既にヘタっている(笑) ※この量が『ハーフ』の量です。

・・・・・実はここ最近、休みが水曜日ばかりで今週もそう思っていた。ので、火曜日夜に、マルハンさんで『石ゴカイハーフ』を既に買っていた。ところが、休みじゃなかったので水曜日は仕事に出掛けた訳ですが、エサは車の中に入れっぱなしになっていた。
やっちまったい!と思ってエサ箱を見てみたら、まだウネウネと動いていた。じゃ、もったいないからと冷蔵庫野菜室に入れて次回釣行時(土曜日)に使おうと。

と、長々と説明させていただきましたが、内海到着後、エサを確認したトコロ、石ゴカイ全滅!してました(爆)
死んでフニャフニャになっておりますが、なんとか針には付けれます。
触るの気持ち悪いですが・・・・
多分・・・・・・魚さえ居れば・・・・釣れると思います。

とまあ、アクシデントがありましたが、開始。
4色で引いてくる。
コココッ・・・・と微かなアタリ。キスチビゲット!(画像ナシ)『死にゴカイ』でも釣れるもんだ(笑)
以降ポツポツと釣る。


どちらかと言うと、正面より斜め左前方の方が釣れるのカナ・・・・と、思ってたトコロ、キス釣り目的っぽい2人連れが『どうですか?』と聞いてきた。
「ポツポツ釣れてますよ」と答える。
『じゃあここ入れて下さい』
「どうぞ」・・・・・・しまった。自分の左側へ入られちゃった。・・・・と言う事は斜め左にはもう投げられないね。まあ、混雑するであろう土曜日の釣行。こうなるのはしょうがない事。釣れなくなったら西堤防へ行けばイイ。

ハイ、釣れなくなりました(笑)迷いもせずに西堤防まで移動。
ココでの釣果は10匹。

西堤防へ徒歩にて移動。
先端はエギングの方1名。ココでは先端には全然拘りません。が、先端すぐ正面にある沖堤防との間の船道、また、沖堤防先端付近も自身にとっては結構な実績場。ソコに投げれそうな、先端から少し開けて『3番目』くらいの位置でやる事に。

さてココでの1投目。
沖堤先端沖50mくらいのトコロへ投げ込む。
引いてくると・・・”コココっ”てピンギスっぽいアタリ。ココでは追い食い待ちを徹しようと言う事で待つ。来なけりゃ付けたまま更に引く。また、コココッ・・・・・・グググッて来たトコロで回収。
627キス3連
キス3連。イイね!さて頑張りましょう!
その後も、2連、3連繰り返し時に21cmの良型も混じる。


途中、自分の右側にエギングの方が来る。その時は気にもしませんでしたが(挨拶もないし、挨拶されなきゃいけない様な距離でもなかったし・・・・)、仕掛けが少し絡んでほどいている最中に、私と先端の方の間に入ってきた。
それでいて私が投げ込んでいた方向に投げて”ヒュンヒュン”何食わぬ顔でしゃくっている。
まあ、そちらに私が投げ込んでいたのを知らなかったのか、確信犯なのかは知りませんが・・・・・
でも気分すごく悪いからそちらに投げ込んでやる。当然、飛距離が全然違うので被らない様に気は使ってますが・・・・・
やっぱ釣れる。ダブルで回収。・・・・・・気分悪!

万が一、マツってもしゃべりたくもないのでそちら方向は釣れるけど諦め。
別方向に頭キタ分だけ思いっきり投げる。6色ちょっとか。飛ばんね(笑)もう少し投げれるようまあ少しづつ努力。
と、その6色くらいから4色くらいでもアタリが頻発する。
災い転じて・・・・・ってヤツかな。
627キス5連
5本針パーフェクトも。
去年は10本針でもやってましたが、なんとなくやれそうな気もしますが、まあ次回以降で。

もう最後にしようと、追い食い待ちをしていたトコロ、一気にグンッて強烈なアタリ。
『マゴチアタリだ』1発めは耐えれましたが、2発目の引きであっけなく『プチッ』て・・・・・まあ、キス仕掛けだから『ほぼ獲れない』のは承知の事。

リリース込みで60匹くらい釣ったトコロで『死にエサ』も尽きた。
午後には帰るとの約束。
終了。AM10:30。
今年初めて西堤防で『やれた』気になりました。
うん、満足です!

627キスまな板2
持ち帰り分。
まな板627キス
捌いた分。数匹カルキス発覚で廃棄。
627ホウボウ
こんなのも釣れましたよ。

この日の釣行余談はまた後日。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村


夜釣りのススメ?父の日プレゼント

父の日のプレゼントを子供から貰った。

今まで父の日のプレゼントなど貰った事無く、なんか照れ臭かった。
622ライト
『ジェントス』230ルーメン、ヘッドライト&『レッドレンザー』450ルーメンのハンドライト?(アイテム名、分かりません・笑)
ハンドライト?の方はまあ使わないでしょう。カブトムシ採りの時には相当活躍しそうですが、釣りの際にはいくら超明るくても片手が死んじゃったら釣りやれませんカラ。


今まで使ってたヤツは、『大府のキンブル』で400円くらいで売ってたLEDのヘッドライトなのだが、コレがまた明るくない!(笑)
夜の釣り場でも仕掛け作ったり、針を結んだりする事あるのですが、これがまた暗くてやり辛くて・・・・・

今まで『暗いなぁ』とか『あまり見えへん』とか思っていたものの、特にヘッドライトに興味を持った事はありませんでした。
だから『ジェントス』とか『レッドレンザー』などというメーカー?ブランド?は全然知りませんでしたし、ライト系は拘りを持つカテゴリーでもありませんでした。
自分じゃ絶対に買わなかったでしょうし。

・・・・・・・というタイミングでの父の日プレゼント。

最近、夜釣り自体をあまりやっていない。
コレは家族の総意としての『行きなさい』・・・・と言う事か?
・・・・・・行っちゃうよ。

いずれにしても素直に
『とても嬉しかった』


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村



毎年ナン百匹もキス食べているんだろう?

前回記事の番外編です。

先日の釣行は『良型キスを釣りました』って誤魔化しましたが、イカダ釣り的には見事にボウズでしたね。
どうでも良い事ですが、この日の釣行もやはり『玉城のエサ屋さん』でエサを買って『サニーロード』を走ったのですが、走行中、野シカをわんさかと見ました。ジンクスどうりだと大漁間違いナシのハズですが、ここ数回の釣果からして、なんか虚しいだけですね。
釣行帰りに『猿』見た事あるし、最近じゃツキノワグマも津の山奥で捕獲されたとか、すぐお隣の県なのに三重ってすごいね。
まあ、現地の人にしてみたら、被害等でうっとおしいだけなのでしょうが・・・・



昼であがった為に時間的に少し余裕。
久々に伊勢市ルートで帰る事に。
『若松屋さん』のチーズ棒だけ目当てでおかげ横丁へ立ち寄る。
617若松屋
※やっぱ食品、写真に撮るのヘタだ。全然美味しそうに見えない(笑)。実は美味しいんですよ。
数年前に駐車場が有料になったため(1時間まで無料)他を覗く余裕なし(笑)



そんでもって帰宅してブログ更新して・・・・・その後速攻爆睡。
その日の夜中(AM1時頃)起きて魚を捌く。
617捌いたキス
今回キス9匹とイトヨリ1匹の計10匹だけだったのですが、サイズが大きかったために半身にした。(普通サイズのキスは通常通り背開きで)
笑えるのですが、いつも25匹くらい目安で、捌いたのをこの皿に盛っておくのですが、今回は10匹でボリューム的には25匹相当くらいでした。

翌朝、嫁に冷蔵庫に「捌いた魚があるからよろしく」と伝え出勤。
当日はいろいろあって午前様で帰宅。家族は全員寝てました。
てんぷらにしてあったキスをチンして食べた。
揚げたてでないとなんとも味気ない。

更に翌日。
嫁に
『昨日のキス、揚げたては美味しかった?』
と聞くと
『あれキスだったの?1匹だけいつものキスのカタチしてたから、他もまとめて全部天ぷらにしたけど、結局、家族全員何の魚か知らずに食べたんだよ。イトヨリは分かったよ』との返事。
絶句・・・・・・そんなモノか?毎年ナン百匹もキス食べているんだろう?

いつものヤツと違って少し大きい。
背開きひらきが今回は半身。
淡白な白身の魚。
形状が違うだけで家族全員キスと思わなかったらしい・・・・・と言う事は多分、そんな状況で出されたら私も同様なのかもしれない。
どうなんだろう?


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村




6月17日(水)釣行記 巨ギスを求めて三重南伊勢  後編

最近は1回の釣行記事を分割にして更新している。

私の場合は結構長々と長文でやっているので、ある意味、書いてて”書ききらなくちゃ”という感覚が無いために、気楽に出来る。
まあ、どうでも良い挿入からの始まり、昨日の続きです。


さて、朝一モーニングを取りきれず結構ダメージ。
ばらすと後が続かなくなるとよく言いますが、まさしくそんな感じでしたね。
それでしょうがないから団子を作って投入。
本日は昼であがろうと思っていたために下手にダンゴを投入すると・・・・エサ取りだけ来てしまって終わっちゃう可能性の方が強そうな気もするのですが、鯛が下に居るのであれば引き留めたいだなんて・・・・

まあ、午後をやらないと思っている時点で、ここらで鯛はほぼ諦めております。
と言う事で、買ってきておいた『活きアジ泳がせ』投入。鈴を付けて置き竿。
更に上の方で小魚の群れがたまに視認出来る。たぶん小サバ。お土産用にサビキ準備。
あと・・・・・キスの投げ釣り準備。
『鯛』に『泳がせ』に『サビキ』に『キス』・・・・・タックルのセットしているだけでも忙しい。
『鯛タックル』は置き竿。『泳がせ』も置き竿。サビキはまだやらない。と言う事で、キスでもやるか!・・・・・・多分釣れなきゃ自然とこの流れなんだろうなという予感はしておりましたが・・・・・。

617タックル
『イカダ用キスタックル』シマノコルトスナイパー&ダイワカルディアにPE1号、15号天秤&キス6号5本針、石ゴカイの組み合わせ。
を、作っている最中に・・・・・

けたたましく鈴の音!
尻手ロープを付けた泳がせタックルの竿尻が上がっている。明らかにアジの動きとは違う!
竿先が突っ込むのと同時にアワセを入れる。
ノッた!イイ引きっぷり。
このタックルは不意な大物にも対応出来る様、太仕掛けにしてあるために、フッキングさえすればあとは早々にブレイクの心配はいらない。余裕で引きを楽しめる。水深が30m弱のためやり取りも楽しい。
『さて何だろう?ヒラメ?マトウダイ?マゴチ?・・・・・・う~~~ん、何でも良いよ♪』
・・・・・・・・・・・・・・・・・
アヒャヒャヒャヒャ(ノ∀`)ヒャヒャヒャヒャ
617エソ
・・・・・・・・・エソ50cm(目測)一気にトーンダウン!
やり取りの1分足らずの間に、さすがにこの魚種は浮かばなかった。う~~ん(;´༎ຶД༎ຶ`)



朝一のバラシといい、エソといい、今日のイカダは、こんな日なんだろうな。
と言う事で・・・・
この時点で帰ってから書くブログのタイトルを『イカダ釣り』から『キス』にしてしまおう!・・・・・と。



キス開始。
617イカダ
陸に向かって投げます。陸まで200mくらいか。
以前でしたらココで巨ギスが釣れました。
さて、どうでしょう。ゆっくり引き、引き、引き・・・・・
・・・・・・ググググッ!!!
アタリの強さに大物(キス)と判断!追い食い待ちせず即座に回収!
タックルのせいか、キスが大きいせいか、知多半島でのキスのアタリ、ヒキとは別物と思えてしまう。
ああ、楽し!
617巨ギス
20cm越え。いいサイズ!
617キスイトヒキ
キス&イトヒキ
617キス23cm
キス23cm

617ゼンメ4th
ゼンメ4連&チビハゼ

617へんなハゼ
多分ハゼ?
いろいろ混じります。

617釣果
釣果。9匹中8匹が20cn越え。”チビ1匹”は知多半島でのレギュラーサイズ。


サイズが大きい、水深がある、天秤が軽い(15号)、投げタックルと比べて繊細なタックルと言う事もアリ、とてもキスのアタリ、ヒキを楽しめました。
私にとってはどちらかというと場所、釣りのスタイルからして”非日常的”ではありますが、まあ、こんな釣りもあると言う事ですね。
欲を言えばもう少し数が出たらな・・・・という感じですね。

今回の本当(本来)の趣旨は・・・・・ボウズですね(笑)
結果イカダからのキス釣りという形になりましたが、風景画像にある山中を下って浜に降りれれば多分ソコはキスマニアにとってのパラダイスでしょうね。
まあ、そんな場所はココに限らず探せばイロイロあるのでしょうね。入れない・知らないだけで・・・・


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

6月17日(水)釣行記 巨ギスを求めて三重南伊勢 前編

最近ずっと知多半島ばかりでやっている。
ここらで三重へ行きたいな・・・・・と言う事で、6月17日(水)行ってきました三重南伊勢。

617イカダ
いつもと一緒のイカダ屋さん。
店名は全然NGじゃないと思いますが、今回は伏せておきます。
まあ、私はブログやり始めてからというものの、ほとんどイカダ行っていないのですが、いつも一緒のトコロでやってますので、過去記事見てもらえばスグに分かるのですが・・・・・(笑)


実はココのイカダ屋さん、乗るイカダによってキスも狙えます。それでいてそのサイズが良い!
と言う事で本日は『キス狙いでイカダ』をやってきました。

朝5時出船。
出船してスグのイカダ着。
『イシカワさん・・・ココ』と案内されたイカダはキス向きじゃないトコロでしたので生意気にも拒否!
別の人がおろされました・・・・・ごめんなさいね。
『屋根付きがイイ』と伝えキスがやれるイカダ(自称)におろしてもらう。

イカダ釣りについて少々・・・・・・
イカダ釣りって言うと、三重県では基本、対象魚はチヌ(黒鯛)。ただ場所によってさまざまな外道が狙えます。
ココのイカダでは、真鯛、ヒラメ、マトウダイ、マゴチ、アジ、アオリイカなどが釣れます。
普通は黒鯛タックルやっていて、でそういった魚種が外道として釣れるのが一般的なワケですが、私は『専用タックル』でやってます。ヒラメなどフィッシュイーター狙いではアジ泳がせでやりますし、アジ狙いではカゴにサビキも投入します。ただ、そういった派手?な仕掛けを投入しますと・・・・・繊細な黒鯛は釣れなくなりますね。ただでさえ釣れないのにね(笑)


さて、朝一の流れは・・・・・鯛系のモーニング狙いです。
モーニング狙いでやりつつ、海底の様子を探ります。エサ取りがいるのか?そのエサ取りは何なのか?何もいないのか?・・・など。
と、一投目からなんと本命ポイっアタリ!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
あわせも決まりよっしゃ~~~!!
やり取りからして40cm級くらいかな?なんて。慎重に慎重に・・・・プチッ!!
『えっ!・・・・・マジ!?』
ハリス切れ。セットの際、針を結ぶ時に新品のラインに巻き直すか悩んだ挙句、半年前のラインを大丈夫と思い込みそのまま使ったのが大失敗でした。フロロ使っているのですが、半年ぐらい長くブランクがある時はいつもだったら巻き直しているのに今日に限って『もったいない』なんて貧乏性が・・・・・

まだ、下に他にいるかも?
急いでラインを巻き直し針付けて投入するも・・・・・その後鯛系のアタリは一度も・・・・・出ませんでした。
なんとも勿体無かった!

というさわりの部分だけで本日は終了です。
次回につづく。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村



6月10日の釣行について振り返ってみる。

6月10日の釣行について振り返ってみる。

タックルはいつもの並継投げ竿、投げリールにPE0.6号、仕掛けは30号遊動式天秤、50連針市販品を5本針にて使用。
今回チカラ糸を買うにあたり、マルハンさんに行ったついでにエサを『ハーフ』で買った。
結果的に少し余ったぐらい。多分ハーフでキス50匹分くらいやれるのカナ?と。まあ、それは付け方次第。


まず朝一、頭の中で描いていた突堤に入れなかったわけですが、幸いにもすぐ横の並行する突堤先端でやれた。
ソコも過去何度もやった事のある場所ですが、目視出来ないのですが沖に藻場があるのか、広範囲で根があるみたいで、ヘンに引っかかる。
全て無理なく外せたのでまあ大して問題ではないのですが、今回からチカラ糸をPEテーパーにしたので、それが少々高価なため、根掛かりは避けたいトコロ。
反してPEテーパーの為にトラブルレスで気持ち良く投げれるワケでそうすると沖の根に届いてしまう。
なんともね。


魚は沖の方でのみ釣れた。というより、足元まで探っていない。
突堤なんていうのは浜から沖に突き出ているワケで、その先端であれば、既に陸から何百メートル地点なわけで、そんな場所だから足元で釣れても不思議じゃない。
だから無理して遠投する必要も無いとも思うのですが、つい遠投しちゃう。と言う事で突堤周りはほとんど探っていないし、適度に釣れたら『すぐに他に行きたくなる病』発症のため移動しちゃいました。
文中でも書きましたが、多分丁寧にソコで粘っていたら1日の釣果分は釣れていたんじゃないかと。

魚はマイクロピンから、竿を引っ手繰るって感じの引きを見せる良型(この日の最長は18cm)までバラツキあり。
まあ、別にマイクロピンを狙うというワケでも無いですが、5号くらいの針でオールマイティに対応出来ると言ったトコロか。
群れが小さいのか?連掛けを意識していたのですがココではダブルがMAX。追い食いを結構待っていたのにね。

そう言えば、ここでは過去に何度か追い食いマチをしていて、『マゴチ被害』にあっている。今回は2時間ぐらいでしたが、それは全くありませんでした。もしあれば・・・・と、密かに釣ったキスをエサにした『泳がせ仕掛け』を自作して、車の中ではありますが携えていたのにね。まあ、次回以降にいつか使ってみよう。

本文でも書きましたが、ココでもカルキスは混じりました。
今回は、早々に強烈なのを釣り、手に匂いが付いてしまいました。キスが釣れた時に匂いチェックを毎度するのですが、以降釣り上げたキスがカルなのかノーマルなのか手に移った匂いのせいで曖昧に。
『疑わしきはリリース』という基準にしており、なんとなくですがそのせいで『必要以上にリリースしてしまったのでは?』とも思っております。
石鹸で洗った以降もずっと匂っていましたカラ。
他の場所も含めてカル疑惑によりリリースは今回10匹越え。更に家で裁いて発覚した『隠れカル』4匹。
たまに捌いて開いてみたらカル判明というのもいますので、キスの場合はいつの場面でもクンクンってやっていますね。

610捌いたキス
こんな風になってもクンクンやっています(笑)
30数匹の釣果だったはずが、最終的に食した量です。なんとも歩留りが悪い事で。

今回も例によってイロイロ巡っております。
竿が並継の為にイチイチ面倒ではありますが、つい他の可能性を探りたくて。
まあ、各所で釣れましたがイメージ的には拾い釣りの様。
釣れた場所で追い食いを待ってもトリプルが1度だけ。あとダブル数回。
更に釣れた同じ場所を探っても以降はアタリがないなど、群れが極小さいのか?食い気のある個体が少ないのか?
あと、私の悪い癖ともいうのか、投げて引き釣り探って・・・・・残り50mくらいになると回収しちゃう。
最盛期は極手前でも十分釣れるという認識の元、足元でも探りますが、この時期は面倒になってついパスしちゃう。
因みに豊浜釣り桟橋なんかは、コマセパワーでキスも足元まで寄ってますので極近距離で釣れるという認識はありますよ。

サーフからも2か所で投げましたが、4色3色あたりでそれぞれ釣れました。ただ、まとまった匹数では無い為、もう近場でもOKなんてさすがに言えません。

今年の『キス釣りの拠点を確定させたい』という意思も釣り場移動の中には含まれているのですが、なかなかですね。
最初に入ったポイントは多分ポテンシャル的にはMAXなのですが、いかんせん『駐車場が有料』しかない。また、日中は海水浴客だらけで、釣りなんて論外って場所だから、超朝一限定になるのでしょうね。

希望としては西堤防が去年の様であれば良いのカナと切に願うのですが。

612看板
今日、新舞子寄ったらこんな看板が立っていた。これはそれだけ。

余談ですが・・・・6月10日は野間のサーフからもやってたのですが、ソコから冨具崎が見えた。
多分ココの方達はご存知の方も多いと思いますが、あそこの堤防はRになった位置から先端までは柵があって入れないようになっている。
ソコで釣りをされては、漁船の往来の邪魔になるからというコトで進入禁止・設置されているのでしょうが、過去何度も鍵が壊されたり、柵に穴が開けられたりしてその度に補修が為されていたみたい。
冨具崎はちょくちょく覗くのですが、利用者のマナー向上か、ここ数年、柵の中で釣りをしている輩を見かけた事は無い。
が、どんな釣りをしているのかまでは分かりませんが、ソコに一人?二人?侵入して釣りをしているのが遠目に映った。
この時期の冨具崎のターゲットとしたら大体どんな釣りをやってた人物かは想像付きますが、なんとも見たくないモノを見た気がした。
偽善者ぶるツモリは更々ナイのですが、冨具崎に通われている他の皆さんそれをしたくても我慢している。
そうした気持ちを見事に踏みにじっているなと。
ある意味、いろんな人がいるなと。



にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村





6月10日(水)、知多半島シロギス出撃! 後編

昨日の記事の後編です。
まず、お詫び。
読み直してみましたら、訂正箇所の多い事!(笑)
一応、直しておきました(6/11 PM8時頃サッカー観ながら・笑)ので、お時間のある方は読み直していただけると幸いです。まあ、ソコまでの内容でもナイと言われたら返す言葉もございませんが・・・・(笑)
では、本文。

さて、某突堤横突堤では、まだシツコク探せば多分まだまだ釣れたのでしょうが、時間もまだ早かった(AM7時30分頃)ので、場所を移動してみる。
内海新港南向き堤防着。
キス釣りの方結構いますね。あと前打ちの方。
空いてる場所でスタート。
ココも手前は無反応。5色から4色のアタリでポツポツと拾い釣り。
ココに来るとスグに西堤防へ行きたくなってしまう。見ると全然余裕で竿が出せそうだし、移動を決め込む。
新港では5匹。

西堤防着。
付け根部分の最初の方に挨拶。
「先端の人が釣ってたよ」と教えていただく。
ココもキス狙いの方10名ほど見えますが、見た感じ『先端の方』以外あまり釣れてい無さそう。
ココは今シーズンキス釣りの際、必ず立ち寄っていますがどうも今シーズンあまりパッとしない。
堤防内をイロイロ移動しながらここでも拾い釣り。留まってやりたくなるような状況でも無い。
ココでも5匹釣った時点で終了。



写真610野間
今度は某サーフ&突堤。↑ ↓
610キストリプル
ココでは10匹。

最後にりんくうビーチ。
まず、この炎天下での釣っては移動の繰り返しでなんか頭が痛くなってきた。熱中症?まあ小まめに水分摂ってているし、釣りに熱中してはいるものの、そんなモノでは頭痛にならない。多分、寝不足から来るモノでしょう。
ゼンメ多数。最後にフグを釣り上げた時点で嫌気が差して終了。
ココでは0匹。

途中、強烈な睡魔に襲われつつも、なんとか自宅にたどり着く。
合計37匹。
なんとなくですが、最初の場所で粘っていたらコレくらいの釣果になっていたのかもしれません。

とりあえず、自己寸評は例にヨッテ、また次回の更新時と言う事で・・・・・


 にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

6月10日(水)、知多半島シロギス出撃!

6月10日(水)、知多半島シロギス釣行してきました。
梅雨入りした早々に快晴!っと言っても今日だけらしいのですが。
気温も30度近くになるという予報を耳にしており、7分丈のパンツに半袖ポロと”釣り夏バージョン”のイデタチ。も、朝は気温が全然上がらずに逆にその恰好では寒かったです。まあ、9時くらいからは予報どおり、大変暑くなりましたが・・・

某突堤先端に入りたくて5時前に現地入り。
が、タッチの差で先行者さんアリ。
狭い突堤なので先端に入れないと逆に釣り辛いから、並行するもう一つの突堤先端に入る。
う~~ん、なんとも残念、まぁしょうがなし。
さて、コチラはどうなのでしょうね。

普通には極当たり前の事ですが、今回からチカラ糸のPEのテーパーライン(0.6号~6号)を使用する事にしました。
今まではチカラ糸替りに結構長い間PE3号でやってましたが、最近全然しっくりこない為。
さて1投目4色くらいから。
しっかり投げれる。当たり前の事ですが、やっぱチカラ糸PEテーパーラインはいいですね。
アタリの方は・・・・・ナシ。
徐々に投げる方向を変えつつ2投目。3投目・・・・・・アタリナシ!
やっぱあっちの先端じゃなきゃダメか?

もう少し距離を投げる事に。
思いっきり投げて6色弱。突堤からだし・・・・まあ、自分的にこんなモノ。
5色から4色のヘンでごく弱いアタリあり。追い食はナシ。回収。
610キス1
マイクロピン!(笑)
帰ってもらい再度MAXで投げる。
余談ですが、サーフからも数名やられておりました。
サーフからも釣れるわけで、突堤先端から更にMAXで投げなくとも、極近くも探せばポイントはあったのでしょうが・・・・
まあそれでも4色強のトコロでよくアタル。
610キス2
次はダブル!
が、大きい方カルキス!鼻を近付けなくとも臭うMAX臭!不味い事に握った左手に匂いがプンプンに移る!
ウエットティッシュで拭いても、地面で擦っても、”微かに””強烈な”匂いが取れない。

以降も順調に釣れますが、『カル手』と化した左手で魚をつかむと、釣り上げた全てが『カルキス』と思えてしまう。
10匹釣ったトコロで車に戻り石鹸で手を洗うもなんかまだ微かに臭う。

まあそんな事もありましたが、ココでは2時間くらいで17匹釣れましたよ。
アタリが鈍くなってきたトコロで内海新港に場所移動。

本日のトコロはここまでで。
以降は次回更新時に書きますね。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村











6月10日(水)出撃してきます。

6月10日(水)、多分、南知多へキス釣りへ出掛けてきます。

梅雨入りしたというのに私にしては珍しく、休みの日に天気がイイらしい。(日本語がオカシイね)
別に雨でも行くつもりでしたけどね。
大抵、行くと決めたら、カッパ着て何とかなりそうな感じであれば雨でも行きますね。
まあ、明日は全然大丈夫みたいですね。


嫁が、東北に旅行へ行ってきて『笹かまぼこ』を土産に買って来た。
明日はそれを持参し現地で食そうかと思っている。

むちゃくちゃ懐かしいのですが、以前、栄の方で勤めていた時に、釣行の前日に『白謙カマボコ』を買ってクーラーに入れて、度々、船上でまた、イカダの上でかじっていた。
コレがまた絶品でとてもお酒によく合った。
最近は栄に行く機会はほとんどなく、全く忘れておりました。

嫁の土産は別の会社のモノでしたが、なんとなく楽しみ。
敢えて今晩は食べずに明日の釣行までお預け。
炎天下の釣行。
釣りの合間にビール片手に『笹かまぼこ』・・・・・・釣りよりもそっちの方が楽しみだったりして。

また、明日以降、釣行記として更新いたします。



※飲んだら・・・・・飲酒運転はしませんよ。ちゃんと醒まします。


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

潮と汐の違い・・・・

そう言えば、皆さんご存知でした?

潮って、『朝のしお』を『潮』って言うのを。
汐って、『夕のしお』を『汐』って言うのを。

実は私恥ずかしい話、今まで知らずに感覚(どんな?)で使い分けておりました。
これって釣りやってたら当たり前の常識かな?
まあ、今まで指摘されたコトなかったから・・・・幸い。

言い訳として、私が釣りに行くに際して、大潮、小潮、長潮などの潮の種類、また、干潮、満潮などの潮の満ち干きを全く気にせずに行動しているから、あまりそういった知識を入れていない。もっと言うと、どちらかというと自身に必須でなさそうな知識は(キャパに限りがあるから)意欲的に取り込まないでいる(笑)。
それでもやっぱ、干潮、満潮は気にするか。釣行に向かう際に見かける川の水位とかは気にして見てる(笑)。そんなレベル。


529内海夕方
※ 画像・意味ナシ・・・さて、コチラは『朝焼け』or『夕焼け』どちらでしょうね?


自由人じゃないから本業がある。更には家族がある(コチラのウエートは低かったりして・笑)。
そうすると釣りへ行けるのは・・・・・・潮の種類なんて関係ない!!行ける時の潮でやるしかない!!
干潮、満潮・・・・・・行った時の潮位でやるしかない!!
と、まあ、選択していたら、良い状況で釣りに行けるのは次はいつ?となってしまうので、行ける時に闇雲にやってます。
ず~~と、このスタンス。

そんなんだから、『潮が〇〇だから釣れた』とか、『潮が〇〇だから調子悪かった』などという使い方をした事ございません(笑)。
(笑う場面じゃなくて、恥ずかしがる場面?)

そんな風によく言えば無頓着、まあ、普通に言えば”知識が足りていない”から『潮』と『汐』の違いも知らなかったのも『無理が無い』というコトで・・・・・本日は自虐的ネタというコトで・・・・・

今後はそういった知識の習得・・・・・・多分しないでしょうね(笑)



にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

新舞子マリンパーク海開き

そう言えば、前回記事最後にて『寸評はまた後日』と書いたままで、やっていない事、気に掛かっていました。

どうも最近体力の低下か、釣りに出掛けて帰ってきてその日の夜ブログの更新をして、その翌日以降数日は晩御飯食べたら速攻寝てしまう。
更新は真夜中、PCでのみやっているので寝たら・・・・・出来ませんね。まあ、コレで3夜ほどしっかり寝る事が出来たので、また数日はブログの更新が出来る事でしょう(笑)

という事で、前回記事の自己寸評です。
まず、タイトル・・・・・ゆったり知多半島(笑)・・・・ゆったりしてたのは出発時間だけ。
記事文中に予定ルートを記載していたため、ある程度それに沿って・・・・・出発時間をゆったりして尚且つ、複数のポイント巡り ・・・・・逆に、大忙しな釣行でしたね(大笑)
竿が並継なので、移動の度に仕舞い&セットが面倒、面倒!
ゆったりどころか、大忙し!
まあ、それはタイトルの寸評ですが・・・・

釣りについては、全体でシロギス22匹の釣果でした。
イロイロ移動したし、じっくり1か所で腰を落ち着けてやっていたら・・・・まあ、ソレは結果論ですし、今回のタイトルからもブレる事になる。
まあ、匹数的には『こんなモノでしょう』という感じ。
ピンギスが多かったために、リリースが多くなりました。また、カルも数匹。
『針のみ込み』、『納得の良型』のみ持ち帰りで計16匹。
そして捌いている最中にカルクサイ嫌疑?のモノ3匹廃棄処分で 最終13匹。食べるには十分ですね。
529捌いたキス

常滑~内海と大体毎年行く知多半島南西部をトーレス。(ナゼか、南東部は行かない)
サビく速度のためか、メゴチはドコもほとんど混じらない。(混じる以前にいないのか?は、存じませんが・笑)
混じると言えば、毎年の事ですが、常滑界隈ではゼンメが多く混じった。
似たようなトコロでアタルために、回避しようがない。
回収中にクルクル回るために、仕掛けにヘンな癖が付いてしまうのもどうしようもナイ。
去年も釣行の際、2回ほど持ち帰りましたが、まあ、次回当地へ行くとしたら、ゼンメも持ち帰ると初めから決めておけば良いですね。コレについては、煮魚にすると身離れも良く、大変美味しい魚ですので。ただ、ヌメリを取らなきゃいけない&1匹が小さいというコトもありますが・・・・
そう言えば、ゼンメで思い出しました。なんかに似ているな~と思っていたのが
マトウダイ1  507マトウダイ2 507
マトウダイ(笑)。口がビヨ~~~ん!って、伸びるトコロだけですがゼンメもピヨ~ン!って伸びるんですよね。大きさ全然違うけど・・・・・

最初に入った常滑、最後の内海では数回、『トリプル、ダブル』で釣れました。
ここ最近は釣果自体に恵まれていなかった(笑)のですが、こういう『連掛け』が出来始めると、『群れ』で入って来たな、いよいよ本格的なシーズン突入なのかな?なんて思います。
場所的なサイズは、なんとも微妙です。ドコもピンギス釣れますし、反面、良型もいます。

釣り場的には、”新舞子でキスが上がり始めた”という声も耳に入って来ており、ならば『りんくうも』というコトで行ってみましたが、内海新港なんかはまだ激シブ(私の釣果に基づいたイメージ)なのに、コチラは探り方次第で『釣れるな』なんていう感想。
まあ、ガラガラの石積み防波堤をチョコチョコ移動しながらの感想ですので、『混んだ日で入った場所から動けない』 なんて状況になれば、イメージ・釣果は全然変わってくるのでしょうが。
ただ私的には『キス釣り』は、ある程度『引き釣り』で探って『釣果が出ない』なんて状況であれば、次の場所を探して『移動』して、また『探る』という釣り方と思っておりますので、余程の入れ食い状態が続く(笑)という状況でなければ、常に移動の釣りという認識です。
したがって、『入った場所から動かない』では、釣果はかなり限定されてしまうとも思っております。

最後に入った旧灯台突堤で、なんとか釣果を伸ばす事が出来たのですが、ココについても突堤先端が空いている事が前提のような釣り場です。まあ、入れたら楽しい釣りが出来るのでしょうね。

『内海フェチ』な私としては新港の釣果が気になるトコロですね。
まあ、毎年実績が出る場所ですので、梅雨頃?梅雨明け頃?には良い報告が出来るのかな?なんて思っております。

そう言えば、未だ本日のタイトルに全然触れていない!
まあ、新舞子ファンには既にご存知の方も多い事でしょうが、
6月13日(土)新舞子マリンパーク『ブルーサンビーチ』海開き です。
※知り合い筋からの情報
駐車場が海釣り施設共通というコトで、その日から有料化になるそうです。
それについては、『一般的にネガティブな件案』ですが、同時に売店もオープンするので、軽食、ドリンクも少し歩きますが購入出来ます(9:00~16:00)。
また、当然水着のお姉さん達も多数訪れる事でしょうから、そちら方面目的な方達には朗報なのかしらん。

『一般的にネガティブな件案』と言えば・・・・・以前、新舞子絡みでブログを書いたトコロ、『駐車場は無料駐車場より管理された有料駐車場の方が安心出来るから有料化を望む』という『奇特な自称サラリーマンさん』が見えましたが、
いよいよシーズン限定ですが駐車場有料化ですね!

・・・・・馬鹿げている。
今どき有料駐車場どこでも、『無責駐車』は当たり前。駐車場で当て逃げされても、車上荒らしにあっても、はたまたクルマ泥棒にあっても補償してくれるトコロなんて何処にもありませんて。有料=安心になる図式はドコにあるのだろう?

まあ、以前の海釣り公園は駐車場、常時有料でしたので、夏場限定と受け入れるしかないですね。
ただ、当然ビーチ目的の方達も大挙してやって来るでしょうから、ヘンな時間に来るとしたら、駐車する事自体に時間を相当割く事にもなりかねませんので、釣行時間にも気を付けた方が良いでしょうね。
キスとかサヨリとか釣果が出始めているとの事で、なかなかタイミングが悪いお話でもありますが・・・・・

逆に考えれば、今より釣り人の人数が減れば、配当は高くなるという考えも出来るのカナ?
ある意味、場所的に狙い目・・・・カナ?


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村







プロフィール

Author:名古屋のイシカワさん
キスの投げ釣りを中心に、たまにイカダ、たまに船。
ですが最近はなかなか釣りに出掛けておりません(笑)
気紛れ更新になりますが、気軽に覗いてやってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR