FC2ブログ

1月26日(木)南伊勢で惨敗!(>_<)

結果はタイトルの通りです。

もう少し捻ったタイトルにして煽ろうとも思ったのですが、空しくて(笑)

2週前に南伊勢に行った時は、最後の小ポイントで越冬キス?と思われるキスを数匹釣った。
先週は船に載っちゃったから、今週ソレの確証というか裏付けというか、まあ冬の穴場の確立を図る為に。

20170126162144262.jpg
20170126162146695.jpg
まず朝一はコチラから。
上の磯場が左方向にあり、下のサーフが右方向にあるポイント。
良さげなポイントでしょう。
根の近くに何か付いていないか?という目論見で。
磯場の少し沖に青イソメを付けて1本ブッコンでおく。
手持ちは投げ竿で沖方向に投げる。
双方ともに根掛かりで釣りにならないので場所移動。

下の画像の堤防道沿い奥の方へ行くとサーフがありソコで投げてみる。
サーフと言っても小砂利で砂ではない。
下に仕掛けを置いて投げれない。
投げた沖は・・・・・多分海底はこのサーフと一緒。小砂利。
引き釣り出来ないし釣れないので、先週のポイントに入って、早々に脱ボーズを図る事に。


2017012616214793e.jpg
先週釣れたポイント。
さて1本先ほどと同様に青イソメを付けてブッコンで、手持ちで投げ竿でキスの引き釣りをヤル。
青イソメは実はカレイとかでなく、『真鯛』を意識しているのですが・・・・・・この近場で筏があるのですが、ソコで年末に磯場に向かって投げて、青イソメで真鯛が2匹釣れたから、釣れないかしらん・・・・・と。

本日は投げ竿で遠投も視野に入れて・・・・・と、セットしたものの、やはりここはスグ背中を雑草やら木が茂っていて投げ辛い。
それでもやる。
小1時間投げて引いてまた投げて引いて・・・・・・・釣れない。先々週はフロック?
つい先日雪が降ったばかり。海水温も下がって魚が口を使わない?それとももっと沖に落ちた?
いづれにしても釣れなかった。
実はココを相当アテにしていた。
こりゃマズイ!
場所移動。

20170126172438892.jpg
宿田曽のデカい漁港。
一番沖に小さく見えるのが先々週乗った大突堤。本日はソコまで行く気力が既に無い。
という事で、目の前の突堤から投げる。
引き釣りをするがいっこうに釣れないので、置き竿にして放置。
堤防のヘチ釣りで根魚でもやるか・・・・・・という事で胴突きに石ゴカイで。
トントン・・・・スーてな感じで誘って停めて誘い上げて・・・・居なければ少しズレて・・・・・・
キタ━(゚∀゚)━!
2017012616215060e.jpg
最近皆さんの釣果の中でよく見るヒガン君登場でがっくり ○| ̄|_

置きっぱなしにしていた投げ竿を回収してみると・・・・・・・・・
20170126162148108.jpg
負の連鎖か?・・・・・・・まあ、置き竿にしていりゃ愛知じゃヒトデ、こっちはコレ、ウミ毛虫!のダブル!

名古屋方面に帰りがてら、良さげな場所4カ所ほど簡単に竿を出したもののギブアップ。
今年に入って早々と初ボだ。
ボーズを避けるためにわざわざコチラまで来ているというのに・・・・・無念!
越冬キス?寒ギス?取り敢えずギブアップ。

という事で家に帰っても、魚を捌く作業が無くなった。
少し時間が出来たから、じゃあいつもと違うルートで帰ろう。
浜島港~鵜方(10年以上前にこっちでもイカダに数回乗った事ある)という懐かしいルートで伊勢道路を走って
20170126172439f27.jpg
2017012617244060a.jpg
おかげ横丁で赤福と若松屋さんのチーズ棒土産に買う。
1時間以内は駐車無料なので以外は見向きもせずに。

ひたすら23号を走って名古屋を目指すも、鈴鹿で18時30分。
完全に四日市の渋滞にハマる。
すっごく眠たかったし、普段やらない23号沿いのPに行く。
1円Pで小1時間暇つぶしと。
少しずつヤラレル。
19時30分過ぎで6千円ほどやられた。アホだ。
そろそろ帰るか・・・・・と思っていたら初めての大当たり。
16R出たモノの、出玉600発?くらい。なんじゃこれ少ないね。時短50回。
スグ終わる?・・・・・・7連荘。
時短終了後の保留で大当たり引き戻し。
今回も結構連荘している・・・・・・5連荘・・・・10連荘・・・・・そろそろ終わってくれないと、まだこれから名古屋に帰るのですが・・・・・
23連荘、22時30分まだ終わらないから玉だけ抜いて放置して帰った。

さてこの時間であればさすがの四日市も・・・・・大渋滞!片側1車線潰して道路工事22時からAM6時までだって。ナントモ。

家に帰ったのは午前様。
嫁に赤福土産と手渡すと、そんな遠くまで行ってボウズってガソリン使って高速使ってバカじゃない?本気で切れていた。
因みに下道ですよ。
しまった、行き先がバレる土産は藪蛇だ。
ナントモね。



にほんブログ村








1月19日(木)釣行、赤いカサゴ釣り 後記

さて1釣行で記事3回目(笑)

今回の釣行はまず波高を舐めていました(笑)
事実、最初伊良湖水道に着いた時には、『これしき普通じゃん』なんて思っていましたが、結局は船酔い苦行のような後半でした。
釣果も後半は全然ダメダメでした。お隣さんは後半もずいぶん釣っていましたから、魚が居ないワケでは無かったし・・・・。
睡眠時間が少なかったり、その上で釣行中ビールと酎ハイ飲んでいたり、そんなんも拍車を掛ける事になったのカモしれません。

さて、タイトルのような赤いカサゴと表現しましたが、
2017011921300616e.jpg
(画像は既にウロコを除去した状態です)
今回のような水深のあるトコロのカサゴは体色が赤い魚体がほとんどです。対して陸っぱりから釣れるカサゴは黒だったり、黒っぽい茶色だったりと。魚自体は同じ魚です。生息域によって色が違う。浅深で紫外線量が違うから?食べているエサが違うから?
体色もそうですが、圧倒的に違うなあと言うのは・・・・・捌いた時に、陸っぱりのヤツはとても内臓が臭い。対して赤いヤツは全く臭いがしない。
味もカサゴのくせにとても上品な味です(笑)
だから私としては、煮魚部門では多分コレが1番美味しいのでは?なんて思っていたりもします。
まあ、味音痴な私がそんな事を言っても説得力がございませんが(笑)
だから、年に1回はこの赤いカサゴで乗るようにしている。
今回も、刺身、煮魚、ソテー、味噌汁ととても美味しくたらふく堪能出来ました。

この釣りは数釣りが出来る釣りですし、完全に底の魚ですので、ソコまで難しい釣りでも無いです。
よかったら是非皆さんも一度チャレンジしてみては?と言う結びで終了です。

べらぼうな長文でも無いのに、3日も掛かって更新している。
記事書いてる途中でうつらうつらと寝ちゃうからダメなんだろうな・・・・と、そんなふうに思う今日です(笑)


にほんブログ村

1月19日(木)釣行、赤いカサゴ釣り 続編

昨日の続きです。

さて、伊良湖水道のポイント到着。
『ちょっと波が高くてやれないから、もう少し走った場所でやりますね』という船頭さんのアナウンスと共に再出発。
昔は別の船宿でこのくらいでもやってたけど・・・・・出来そうじゃん・・・・・・でもまあいいや。なんて。

5分ほど行ったトコロで停止。
『じゃあやって下さい』
船頭さんのアナウンスでスタート。
錘は60号仕掛けはハリス2号3本針。
さて、1投目・・・・・・1投目と言っても投げるワケでなく、大体の船釣りは仕掛けを真下に降ろすのですが。
リールのクラッチオフで、60号の錘が勢いよく落下していく・・・・・・ハズなのがどうも落ちっぷりが良くないぞ?
このリール1年ぐらいのブランクがあるから、スプールにPEが貼りついている?
しょうがないなあ。とりあえず着底まで引っ張り出してヤルか。
なんか微妙だぞ?ひょっとしたらスプールが潮ガミしているのか?
ようやく着底。
もしや?と、竿を眺めてみるとトップガイド下のトコロでラインが竿を1周していた。
ありえへん(恥)どうりで。
全然リール問題ナシ。
オマケに着底して少し放置してたのでお約束の根掛かり。
外そうと試みるも仕掛けロスト(>_<)
巻き上げてもう一度ガイドにラインを通し直して・・・・・初っ端からナニやってんだか、ナンカ今日の釣果を予兆しているのかなコレは・・・などと、ネガティブについ思えてきてしまう。

さて、やり直し。
着底・・・・・・・コココとすぐに微かなアタリ。多分1匹掛かった。アト針2本あるけれど追い食い待ちはせずに手返しを早くする事にしようと。まあ、掛かった魚に値に潜られるのも嫌だし。という事で、スグに巻き上げ。
13cmくらいのカサゴだが、リリースせずにキープ。
『今日は25匹ぐらいを目安に頑張りましょうね』・・・・・・そんな風に出発前の講習会の時に船頭さんが言っていた。
実際は渋いのカモしれない?ではとりあえずこのくらいもキープか?

とりあえず手返し手返しと、早々に次を狙い・・・・・・これまたいい感じでアタリが出る。
個体差はあるものの、大抵のカサゴは海底ではよく引いているモノの、巻き上げ途中で抵抗がなくなる。
水圧の影響をモロに受ける魚で、浮袋が膨れて目が飛び出る。まあそうなると引きが途端に無くなるのだが、25cm以上の良型になるとずっと抵抗しているモノも時折いる。

ココではイイ感じ・ペースで釣れている。
釣れた魚は全部とりあえず海水を汲んだバケツの中に放り込んでいる。
カサゴ釣りでは私は血抜きをしない。
氷締めなのだが、この時期、外の海水バケツの方が水温が外気に同調してとても冷たいので、いちいちクーラーボックスに入れない。他の方がどうされているのかは存じませんが。

イイ感じで釣れていたトコロ、
『水深が深いトコロに移動します』とのアナウンスが入る。
伊良湖水道の水深70mくらいのトコロ。
私的には今のトコロでも全然良かったのだが、全体の状況を鑑みての船頭さんの判断なのでしょう。
ココは先ほどの場所と比べて・・・・・・・・・・全然、波が高い(>_<)

凄く不味いぞ。
私の位置はミヨシ。船の構造上、波の高低をモロに受ける位置になり、すなわち揺れるので立って釣りがしずらい。
当たり前ですが着底している状態を波が引いた時に設定すると、波が来た時には大きく底を切ってしまう事になる。波がさほど大きくない時などは、腕で竿を上下させる事で仕掛を絶えず底にキープできるのだが、ココではリールのクラッチのオンオフ、ラインの出し入れで仕掛を落ち着かせておかないといけない事に。ただ、その操作を座った状態でやるとなると・・・・・とてもやりずらい。
当たり前ですがラインを大目に出しておいて・・・・・そうすればずっと仕掛けは底にキープ出来るのですが、そうなると一気に根掛かりの危険性が高まる&ラインが大きくたわむ事になり、お隣の方とのオマツリの危険性が高まる&アタリが全く取れない(笑)という事でそんな釣りも出来ない。
釣果、テンションもだだ下がり。
オマケに気分も何やらとても悪くなってきた。
コレは『吐け!』って言われたら多分5秒以内に吐けそうだ・・・・・そんな感じ。
私は船酔いはしません。そんな風に今までは公言してきたし、釣りで唯一のストロングポイントだったのですが、どうも体調が変わった?

吐いてはいないモノの全然集中出来ない。
頭の中は早く終わって港に帰ってくれないかしらん・・・・・そんな風に思いながら。

ようやく終了。
もう全然ダメ。風が強いから海には吐けないし・・・・という事でバケツに戻しまくり( ;∀;)
ああ辛かった。
胴(船の中央)とかトモでやっていたらこんな事にはならなかった?どうでしょう?
ああ辛かった。

201701192130040ca.jpg

2017011921300616e.jpg
この他にも同サイズを15匹、マンションお隣さん方々にお裾分けしております。捌く手間要らずの方達はありがたいですね。
多分40匹に満たないぐらい。
釣果的には満足です。

多分明日もこの続きを書きます。
とりあえず本日はココで閉めます。


にほんブログ村





1月19日(木)釣行、赤いカサゴ釣り 前編

1月19日(木)、師崎出船の『まとばやさん』からカサゴ乗合で久々の船釣り。
まとばやさんに乗るのは多分10年ぶりくらい。

この時期の釣りモノとしては、船釣り、イカダ、キス探しと大体この3カテゴリーでどれにしようか?なんてやっているのですが、船を選択すると今度は「じゃあドコの船の何の魚を釣りに行こう?」なんて考えるものだからいささか面倒。
以前はどちらかと言うと船釣りが当たり前で、この時期はいつもたいてい『ウタセ真鯛』となるのだが、なんと今は大物は皆ヒラメ船ばかりで、真鯛の船は無かった。
因みにドコの船が何をやっている?って、各船宿のホームページを見れば一目瞭然で、『釣りニュース中部版の提携船宿リンク』から見れば直ぐにいろんなところをチェックする事が出来る。
という事で、1年に1度は乗りたいカサゴ乗合を探すと、『まとばやさん』しかやっていない。他は皆、メバルにスイッチしてしまったらしい。で、まとばやさんに乗せていただく。

朝は6時30分出船という事なのだが、船の座席は先着順という事なので3時に現地着。
酎ハイ飲んで5時まで寝る。
5時に起きて席を取りに行く。
一番乗り(笑)。左ミヨシ(左舷の先頭の位置)に竿を立てて場所キープ。
私はどちらかと言うとトモ(一番後ろの位置)の方が好きなのだが、コマセ釣りじゃあないので、一番最初にポイントに入っていく先頭の方がカサゴ釣りは有利だ。
という事でミヨシを選択。

後になってこの選択により、とてもつらい状態に陥るとはこの時点で知る術もナシ。


201701192130035a4.jpg
画像が見辛いのですが、ココの船宿は直前に船頭さんが皆にカサゴ釣りをレクチャーしてくれているみたい。
とても親切。

という事で6時半過ぎに出船。
師崎の船は協定で7時ジャストのスタートと決められており、各舟宿の船が師崎沖に集結して来ている。
で、7時によーいドンでスタート。
カサゴは伊良湖水道(伊良湖岬と神島の間)がポイントになるため、師崎からは到着までそんなに掛からない。
伊良湖水道到着。
ココはいつも波が高い。今日も同様。でもこのくらい普通にやれる。

201701192130027ea.jpg
本日のタックルは
ロッド:Aグリップネライ2.1(廃盤)
リール:レオブリッツ270(廃盤)
廃盤コンビですが、私的には全然OKのお気に入りタックル。コレで私の船釣りのほとんどをこなしております。

と言うトコロで、本日は只今強烈な睡魔に襲われておりココまでという事で。
実釣部分に入る前ですが・・・・・・・・・・・・つづく(笑)



にほんブログ村




次の釣りはどうしよう?

先日の雪は大変でしたね。
20170118004144ff7.jpg
モノクロ全体に真ん中の標識だけを青く合成した画像っぽく見えますが、普通に半田市内の画像です。
雪国だ(笑)

前回の南伊勢釣行直前に嫁から『週末雪が降るからスタッドレスに替えてよ』と言われて「今から釣りに行くから週末に」と返答。
したら、『今スグ替えなきゃ釣り禁止!』と半ばお怒りモードにという事で、タイヤを置かせてもらってい嫁の実家まで行って、夜中にタイヤ交換。
釣りから帰ってきて週末この有様。
タイヤ交換しておいてヨカッタ、ヨカッタ(笑)

大昔、四駆が流行っていた頃、グリルガード付きの四駆に乗っていた。
いい気になって雪道走ってて、一旦停止でブレーキ踏んだらそのまま交差点へ突入していった。
死ぬほど怖かったが、運がいい事に横からの車がいなくて大事には至らなかった。
スリップしたら四駆でもダメだ。当時ABSがまだ標準装備でない時代だった。
以降四駆には乗っていない。
今時はどんな車にもABSが装備されているから、ある程度は安心ですがまあ注意注意と。

さて、今週は木曜日に釣りへなんて思っている。
釣り船屋さんでは、ブリのブの字も出ていない。
イカダじゃあ泳がせやるけど、船のヒラメ釣りはソコまで好きではない。
ウタセやっているトコロも無いみたい。
メバルはあんまり乗りたくないし。
カサゴはやっていないし。

南伊勢は微妙だ。
キスはなんとなくやれそうな場所、前回発掘したけど・・・・遠い(笑)
どうしよう。
ソソらない(笑)
別に釣りが必須というワケでもない。
さて、家でのんびりかな。
もう1日考えよう。

こんな記事を読んでいただいた方には、大変申し訳ありません。
この時期、釣りもグダグダですが、記事の方は年中グダグダでして(笑)



にほんブログ村

1月12日、南伊勢釣行後記

本日お休み。
今、名古屋はスゴイ雪降り。
それを眺めながら記事更新中。
という事で当たり前ですが、釣りに行っていません。
最近じゃあ、休み連ちゃんで釣りに行く事はまずありません。

201701141042451c2.jpg
釣果。
6匹と思っていたら7匹でした。まあ大差ないか(笑)
この時期としては釣れただけまあ良しか。


最初に入った筏のすぐ近くの小突堤(画像無し)が、一番釣果を望めると思っていたトコロ、いざ投げてみると全然ダメでしたね。
根掛かり、漁師仕掛け、イカダの固定ロープ・・・・投げ釣りの環境じゃあない。
まあ、年末に2回イカダでキスもやってみたけど、その時はシロギスは全く釣れなくて根掛かりとか無くてもダメだったのカモしれない。キスの越冬場かなとずっと睨んでいましたが、今年はダメだったのかな。 

という事でイロイロ場所移動した。

最近は全然なのですが、イカダ、キス(サーフ)でこの近辺チョコチョコ来ていたから少しだけ土地勘はある。
毎回思うのですが、良い場所だよね~って。釣り的に。
住むのはとても不便でしょうが(笑)

最後の小1時間で上記の釣果だったわけですが、初めて来たこの場所なんてとてもいい雰囲気の場所でした。
森林浴しながら釣りしている・・・・・そんな場所。
20170112202622ffe.jpg
ネックは投げるスペースが無い(笑)
スグ背中に木が茂っていて、投げ竿では多分無理。3mのショアジギロッドでタラシを少しが限界でした。

今回はどちらかと言うと『グダグダ・グデグデ釣行』そのものでした。
新年の初めの釣りの選択の結果がコレかい!やりながらそんな風に思っていました。
まあでも漁港、サーフ以外でも、とても良さげにやれる場所、穴場はソレなりにあるなと最後の小1時間で再認識。
シーズンになれば大突堤もサーフも楽しくやれるだろうし。

去年、新260号が開通してとても行きやすくなった。
今までは対向車がきたらアウトというような狭さで、クネクネ曲がりくねって、写真撮ると幽霊4、5体写り込みそうな昼でも暗い道でしたから(笑)

今年はこんな風なスタイルで、たまにコチラに来るのも良いねと。

・・・・・・ただ、遠い(笑)



にほんブログ村




1月12日(木)ようやく2017釣行始動!さて今年のファーストヒットは?

1月12日(木)、ようやく釣りに行ってきました。
去年末以来ブリが気になってはいたのですが、最近はあまり芳しくないみたいで、ヒラメがメインになっているようで。
という事で、寒ブリならぬ寒キスに行ってきました。

場所は三重県南伊勢。

最初の場所はいつも行くイカダ屋さんのすぐ近くでやる。
今回もタックルはスピンパワーにテクニウムMgとコルトスナイパーとカルデイア3000の2種で。
キスはスピンパワーで引き釣り。
コルトスナイパーにはカレイ仕掛けを付けて青イソメで置き竿。
グググッ・・・・・置き竿の方に1投目から来ちゃった。今年のファーストヒットは巻き巻き・・・・・・・
20170112202321360.jpg
アララ(ΦωΦ)
さてこの場所、イカダのすぐ近くでいつもイカダに乗りながらも『いつかココで投げてやろう』ってずっと思っていた。
いざやってみると根掛かり頻発&漁師仕掛けのブイがブイブイ浮かんでいるし、イカダの固定のロープがドコまで伸びてきているか?数投して早々にギブアップ(笑)

さて次のポイントはこの位置からすぐ近くのとても良さげな場所・・・・・・のはずでしたが、入り口のトコロには
20170112202323a89.jpg
何やら獣用の罠?
駐車場から海岸に行くまでの道は、雑草が身長以上に生い茂り・・・・・怖くて行けない(>_<)

という事で次なるポイント。
20170112202456200.jpg

さてココでは
20170112202458944.jpg
ベラベラベラ・・・・・・
降参場所移動。

田曽浦大突堤。
本日は味噌煮込み。
20170112202501bdb.jpg
寿がきやのつゆに冷凍麵の組み合わせ。野菜パックに生卵、エビ天のせ。
生麺だとどうしても麺がボソボソになりがちだけど、冷凍麺だととても美味しいので採用。

焼津の突堤ほどでは無いにしろ、ここも高い突堤です。駐車場に車を止めて準備していたら、地元のオジサンが来て「昨日ここで人が死んだよ。風が強いから注意してね」って教えてくれた。
風がめっちゃ強かった。
とても釣れそうな雰囲気の突堤ですが、何も釣れず。
既に14時・・・・・・・帰ろかな。
帰り支度の駐車場で、また別の地元のおじさんから「キスは○○で冬でも釣れているみたい」
グーグルマップでスグに表示された。
車で30分。微妙に遠いけど行ってみよう。
行く道中良さげの場所、発見。おじさんが教えてくれた場所、やっぱ遠すぎ。ココでやってみよう。
201701122026191d9.jpg

20170112202622ffe.jpg
池みたいな場所(笑)
でも釣れそうな気がする。
因みにクーラーボックス・・・・未だ空っぽ(爆)
3投目・・・・・ブルブルって
キタ━(゚∀゚)━!
やっとキスのアタリ。
20170112202619dba.jpg
チョット小さいか。でも釣れた。

さて次
2017011220262045f.jpg
ダブル。
同サイズのハゼも2匹。キープ。

キス計6匹。ハゼ2匹。
新年お初の持ち帰り。
この時期に釣れる魚体は結構大きいモノが多いのですが、ココは皆15cm未満。
まあ、釣れるだけマシか。
正月早々のボウズかろうじて回避!

イカダではココまでくるものの、今日みたいにキスとか堤防釣り目的でココまで来ることはほとんどない。
春からのシーズンIN以降とても良さげな場所で楽しみ。


にほんブログ村








腕時計を海に転落させたお話

明けましておめでとうございます
・・・・今更ですが(笑)

皆さんが新年の初釣りの便りを書かれている中、私は未だ行けておりません。
という事で、当たり前ですが今回は釣行記事ではありません。

正月早々にネガティブなタイトルですが、実はこのお話は誰にも告げる事無く、お墓まで持ち込むつもりでした。

嫁とコタツで正月番組を取り留めも無く見ていたトコロ、時計屋さんのCMが流れた。
『そう言えば最近ク〇ドール使っていないよね』※クレ〇ール・・・・の、クロノグラフ、自動巻きで少し高価なヤツ。

ギクリ!!Σ(・ω・ノ)ノ!いよいよツッコまれたか。

因みに私は前の職業の時に少し時計も興味があって、この〇レドールのクロノとテ〇ファニーのダイバーを無理して買ったんだけど、結構気に入って両方を使っていた。
釣りにはGショックが定番でしたが、子供にあげちゃったので投げ釣り以外の時にはクロノの方をしていた。※投げ釣り時の時計使用はしません。

「実は・・・4年くらいまえに船釣りやっている時に、ベルト金具が外れたみたいで船べりに一度当たってそのまま海に落ちちゃった」
むっちゃくちゃ怒られるかなあ?・・・・・・・この笑えないお話はブログを始める1年くらい前のお話なのですが、ずっと伏せていた。
そんなん告げると・・・・『釣り禁止!!』となる事、ウケアイ。と思っていて、時計の話題は触れないようにと。それが・・・・・

『ふ~ん、なんか全然使ってないからおかしいと思っていた。アホやねえ』
え、それだけですかΣ(・ω・ノ)ノ!?
ずっと自分の中で後ろめたかったのですが、あまりツッコミが厳しく無くて助かりました(ΦωΦ)

という事で、お墓に持って行く必要が無くなりましたので、新年1発目の小ネタに。

でもお気に入りの時計だっただけに、今でもそのシーンがまぶたに焼き付いております。
とても残念で。

皆さんも大事なモノ、海に落とす事無いように気を付けてくださいね。

それではまた今年も宜しければお付き合いください。



にほんブログ村



プロフィール

Author:名古屋のイシカワさん
キスの投げ釣りを中心に、たまにイカダ、たまに船。
ですが最近はなかなか釣りに出掛けておりません(笑)
気紛れ更新になりますが、気軽に覗いてやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR