FC2ブログ

7月16日(水)の釣果報告 。なかなか満足でしたよ。

記事本文に入る前にお詫びです。

ご指摘をたまわりまして、前回記事を含む過去3回分の記事を削除させていただきました。
コメントを寄せていただきました方には申し訳ございません。


そう言えば、自身の記事を書きながらよく思っているのですが、文章の表現がところどころ過去形と現在形が混在しております。・・・・・ハハハ。作為的だったり、中には間違えだったとタチが悪いのですがご了承いただき、どうぞお付き合いください。


では記事本文です。


7月16日(水)午前0時00分ぐらいに出発。
目的地は,ここ何回か通っている西堤防。
ターゲットはシロギス。
いつものようにエサは、石ゴカイを会社帰りに200円分購入済み。
マックに寄ったり、今回は熱中症対策で、少し逆方向になりますがドンキでチュウハイ4本、スポーツドリンク2本購入したりして(こんな時間にやっているスーパーが近場に無い為)、現地に2時頃到着。

釣りに行かない日は毎晩、晩酌をしておりますが、釣りの日は現地に少しでも早く着いて、その後にひとり車中で何らかのお酒を飲むようにしております。
この日もハンバーガーを肴にチュウハイを・・・・・・・
速攻、車の中で爆睡しておりました。
エンジン、エアコンを付けていなかった為に暑さ&寝苦しさで起床。6時15分。もう暑い。
なんか暑くてクラクラするものの、準備して堤防に渡る。

既に5組くらいの方達がやっています。
前にも書きましたが(消しちゃったかな?)結構大きなな堤防。空いているスペースはいくらでもある。
中ほどでやり始める。それまでにすれ違った方達にご挨拶。
カップルの方達『キス、5匹ほど釣れています』・・・・「じゃあ私もがんばりますね」と返事。
どのくらいの時間で、どの辺のポイントかは伺いませんでしたが軽い挨拶にとどめる。特にカップルさんには深く話し込まないようにしていますし、まあ、早くやりたいというのが本音。

7時半くらいにスタート。
1投目投げるも・・・・・・なんか隣の人との距離が妙に近かったかな?反応も無かったしもう少し堤防先端よりに移動。
先端の方には2組入っておりますので、その手前でやる事に。

さて開始。
まずは6色・・・・まずと言いつつ堤防からの私のマックスの距離だったりして。
この日のこの付近では、5色から4色くらいで結構良いアタリ。そのへんの距離を集中してやってました。

1匹目だし、良型っぽいし、追い食いを待たずに巻き上げ開始。
716キス
・・・・ハハハ。これじゃサイズが分かりませんね。

まずまずの良型。
朝一からグッドです。
その後も1投1匹って感じでイイ型が釣れる。
ただ目の前に4つほど猟師仕掛けが入っているのでやりづらい。
もっと先端よりに場所移動。
最先端でやられている方に挨拶。
多分ブログでもご活躍されているR・・・・さんだと確信いたしましたが、ヘンにつっ込むと失礼か?普通にご挨拶。
話ながらもアタリを感じており、たぶん5匹ほどのアタリ?まで待って巻き上げる。
5匹と思いきや2匹が針2本飲み込んでおり3連。

その3連が本日の最多の連掛け。なんか追い食いが悪い、が、サイズがいつも以上に良い。
ピンギスは針飲み込み持ち帰り3匹だけで、他すべてリリース。なんという贅沢。
釣れてくるサイズは、ほぼ20cm~15cm。アタリも非常に明確な心地よいアタリが出る。
知多半島じゃないみたい。

この日は大変良い天気で、気温も・・・・・チュウハイを知らぬ間に3本飲み干し(暑くて帰る?場所移動?を逆算して早めに飲んでおき、飲酒運転にならないよう)その後、スポーツドリンクへ移行。
炎天下の中で、落とし込みおじさんと長々と釣り談義。その後、隣のお兄さんとまたしても長く釣りのお話。
まあ、それなりの釣果になっているだろうし、珍しく全部良型だしこれ以上釣らなくても良いかな?的な感じ。
後半は竿を置いて話し込んでいたために釣りになっておりません。
先端でやられてたR・・・・・さんも帰られてその少し後に私も納竿。





Rさんは、先端から船道と足元を丁寧に探られて釣果を出されておりました。失礼と思いながらもチラ見しておりました。
堤防先端といった場所の特性を活かした釣り方。「なりほどね~」なんて勝手に感心しておりました。
同じターゲットでもいろんな釣り方があるものですね。



716釣果
メジャーをあててないのでサイズが分かりづらいですが、”知多半島に於いての自分としての良型ばかり”の釣果でした。
”追い食いを待つのがもったいない”様なアタリが多く、単発がほとんど。この辺はもっと余裕のある釣りを心掛けなきゃと反省も『やるじゃん〇〇(場所)』といえるようなサイズが揃い満足。
家に帰って数を数えてみると、見事にいつもと同様な数量。まあ、十分。



『今後もこのようなサイズが釣れ続くか?また行きたいな』と思えるような釣行でした。
まあ、釣果が芳しくなくても行くのでしょうが・・・・


炎天下の中、長々とお話してしまった、おじさん、お兄さんスミマセンでした。
またどこかでお会いしましたら、釣り談義しましょうね。















コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:名古屋のイシカワさん
キスの投げ釣りを中心に、たまにイカダ、たまに船。
ですが最近はなかなか釣りに出掛けておりません(笑)
気紛れ更新になりますが、気軽に覗いてやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR