FC2ブログ

釣りオヤジ降臨!

投げ釣り、船、イカダ、堤防など釣行記等
釣りオヤジ降臨! TOP  >  キス投げ釣り >  7月13日、内海釣行記 余談

7月13日、内海釣行記 余談

さて、今回は7月13日の釣行の際の余談を。

今回は波高のため旧灯台突堤をあきらめ、定番の新港西堤防へ行く。
0408内海
※資料画像

内海新港、特に西堤防はそれなりに空いていて、それなりに釣果があるからお気に入りポイント。
少し歩かなければいけないという面倒な事もあるのですが。


私の場合は『キスの投げ釣り=サーフ』という考えは持ち合わせていない。
基本『堤防ありき』と思っている。
サーフの方が投げ易く、飛距離も少し出るのですが、砂浜で砂が絡むのがイヤ(笑)
竿尻、靴、クーラー、釣り上げた魚・・・・砂にまみれたくない(大袈裟ですが)・・・まあ、本音は堤防・突堤の方が海にせり出している分、大遠投をしなくても釣れるというコトが大きいかな。

ただ、そうは言いつつもソコから結構頑張って遠投している。
キス釣りは、何だかんだ言ったトコロで距離を投げれる人が釣果的に優位であることは間違いない。
開始の頃は私の範ちゅうの遠投しておいて、ソコから足元まで探るようにしている。
アタリが出たポイントをラインの色で憶えておいて、次回はそのアタリを集中してやるようにして居ないトコロは極力省略するようにしている。
引き釣りといっても常に着水地点から足元までずっとやっていたら時間も体力も無駄と言う事で・・・・


今回もタックルはいつもと同様のタックル。
S社の投げ竿&S社の投げリール&30号天秤にキス針5号5本針、エサは石ゴカイ300円分。
基本的に仕掛けをイチイチいじらない。ビーズ付けたりウィリー糸を針に巻いたり、天秤の形状の違うモノ使ったりと、前はやってたりもしましたが、最近はそういった好奇心が無いというかなんとも。

西堤防、前回(7月1日)は、海が少し荒れてて流れ藻が纏わりついて釣りにならなかった。似たような状況ではあるモノの、今回は全然大丈夫でした。
5色から4色付近のヘンで群れがあるのか、似たようなトコロで釣れるも、連掛けに至らない。まあ、風が強過ぎてアタリは分かるモノの、やはり感覚的に鈍る。追い食いなのか、掛かっている魚が暴れているだけなのか?はっきりとしした確証はないモノの、そんな感覚的な違いもこの強風じゃどうも全然。

ただ、案外ココにしてはいいサイズが今回は多くて、アタリがしっかり出ている分、大事にと小心から回収を早めてしまったのかもしれない。アタリが小さい時には普通に待てるのにね、良型キスの連掛けはやってて自身の課題といつも思っているのですが・・・・どうにも貧乏症なんでしょうね、良型と思うとスグ回収しちゃう。

20cm級を5連掛け出来たら、顔出し自撮りして記事に載せるのですが(笑)・・・・・尺キス釣るのと同様にまあ無理でしょうね(笑)

キス釣りやっている他の方々の様子も都度チラ見していました。
いやらしい意味では無しに、どのあたりで調子が良いのか?そうで無いのか?参考にしないテはないですよね。
私については1投1匹って感じで釣っていましたが、堤防先端の方を除いて他の方はあまり釣れていなさそうでしたね。(私のいた時間の間は)
チョイ投げで距離的に手前でやられていた方が多く、そう言う意味では多分『距離』があってなかったのでしょうね。
と言う事で、75mくらいから足元まではほとんど探るのを省くようにしてました。
ココでは先端以外は最近そんな傾向が強い様な気もしております。
アト数週間もすればもっと足元寄りでも釣れるようになるのでしょうが。

ここ数回の釣行で今シーズンも、釣果的にココである程度の計算が出来るのかなあと。
キスばかりじゃマンネリですので、何か他も交えながらやれたら良いですね。
小サバは・・・・・もう十分です(笑)
713豊浜


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村


[ 2015年07月15日 15:38 ] キス投げ釣り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

名古屋のイシカワさん

Author:名古屋のイシカワさん
キスの投げ釣りを中心に、たまにイカダ、たまに船。
ですが最近はなかなか釣りに出掛けておりません(笑)
気紛れ更新になりますが、気軽に覗いてやってください。

最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム