FC2ブログ

投げ釣り教室 ~投げ釣りで飛距離を出すためには~  ≀ ̄ヽ(゚∀゚ヽぅー  三  ノ゚∀゚)ノ ̄ㇼャ―ッ 

毎日暑いですね。
くれぐれも熱中症には気を付けて釣りをエンジョイしましょう!

という事で、教室だなんてあなた一体何様ですか?などと怒られてしまいそうだから、投げ釣りベテランさんにはこの記事はスルーして下さい(笑)
因みにキス釣りに特化して書きます。カゴ釣り、ショアジギ、磯の遠投は専門外ですので。


今、この界隈でも丁度キスが接岸の時期でもあり、投げ釣り、ちょい投げ釣りの方々の姿をよく目にします。
それでいて、たいていの方が『こうした方が良いのになー』と感じてしまう投げ方をしているのですね。で、お節介焼きの私はたまに見知らぬ方に『こうした方が良いですよ』などとアドバイスをしてしまう事も。ほんと何様?ですよね(笑)
因みに私の投げ釣りほとんど独学です。雑誌、画像、TV、動画などを見て。昔なんて動画なんて無かったから解説文とスライド画像を見て。まあ解説文なんて全然理解出来ずに役には立ちませんでしたが(笑)

因みにこのテのネタ・・・・毎年やっています(笑)
よく言われる事に、「初心者はサビキかキス釣りだな。簡単だから」
そんな風に無責任におススメしておいてしっかり最初に教えない輩が多いから、投げても距離があまり出ない方が多いのだと思います。ちょい投げどまりの方が多いのもそんな結果だとも思います。
だから初心者で記事を見てくれている人に伝われば・・・・なんて( •ω• )
決して忘れた頃に同じネタをぶち込む・・・・・という姑息なブログ更新の為でもございませんから(笑)


《簡単に飛距離が変わるよ》

大抵の方がオーバースローで投げられております。
それで大抵の方は天秤(錘)を竿先にくっ付けて(竿先直ぐ近くに)投げているのですね。多分そうする事でコントロールが良くなるからそうされているのだと思います。
が、ソレが一番の間違いなのですね。投げ釣りでバンバン遠投されている方達は腕力で投げているワケではありません。仕掛けをより遠くへ飛ばすメカニズムはより竿をしならせてその反発で距離が出るのです。
竿をしならせる為には、天秤(錘)は竿先にくっ付けるよりも少しでも竿先から離したところに置いた方が良い。
私は竿先から大体リールシートくらいの位置まで離します(タラシをとるといいます)
言ってみれば竿の長さで投げる ✖   竿+天秤までの長さで投げる 
最初はコントロールが定まらずに難しいのかもしれませんが、この修正だけで慣れてくると全然違った距離を投げれるようになります。
この事を知らずにやられている方、非常に多くて。コレについては感のいい人ならば、その場の修正で即、距離が伸びることでしょう。
因みに私の周りで投げ釣り師はいません。投げ竿、投げリールでずっとやって来て、それでも全然距離が出なくて。センス無いなあって思っていたのですが、でこの事に気付いて飛距離が少しずつ出るようになり・・・・コレはまさしく自身の体験談です。最初の投げ専用タックル買ってから数年後の気付きです(恥ず)独学のデメリットですね。



《より飛距離を出すタックル》

因みに、注意点があります。
竿をよりしならせる(曲げる)には、竿に適合した天秤(錘)の重さが必要になります。大抵の竿には記入されております。
じゃあ竿を曲げるには、より重い天秤(錘)の方が良いのでは?と言うとそうでもありません。竿の表示より重いと過負荷になり折れます(>_<) 
その逆も然り。天秤(錘)がより軽いと、竿に負荷が掛からずに竿は曲がらないため反撥が生まれずに、竿の長さ、腕力だけで投げる事になり距離は出ません。 

100mくらいは飛ばしたいと思うのであれば、20号くらいの天秤(錘)が使えるタックルが必要になり、そうした時にはラインも細くしたいから、チカラ糸も必須にはなります。 
チカラ糸付けてしっかり投げようと思うのであれば、そのままでは指が切れますので、フィンガープロテクターが必要になります。
もっと飛ばしたいと思うのであれば投げ竿に投げリールが必要になります。ラインもより細くて軽いPEラインの方が距離は出ます。
2019061920051252f.jpg
高価なタックルの方が飛距離が出るか?・・・・・・?何千円のセット物でなければそれなりに投げれると思います(笑)
因みに私の定番タックルでしたら、投げれる人でしたら軽く200mくらいは投げる事が出来るでしょう。私はMAXで150m(T_T)
そういう事です(>_<)



《距離を出す投げ方》
ここでコレを読んでいただいている方でしたら、まずは徹底的にオーバースローをしっかり習得しましょう。
投げ竿、投げリールでオーバースローがしっかり投げれるようになれば100m(4色)くらいの飛距離は出せれるようになります。
因みに投げ方は私の拙い解説文章を読むより、ベテラン投げ師さん達の動画を探して見て憶えてもらうのが一番分かり易いと思います。
他にスリークォーター、回転投げなどがあります。

注意点としては、目標地点を見ながら投げるのではなく、目標地点の斜め45度上空に向かって投げるようにしましょう。目標地点を目がけて投げると、軌道はライナー性になり距離が出ません。斜め45度上空を目標にする事で、より飛距離の出る軌道になるのですね。




という事で、明日以降に私なりのキスの釣り方なども記事として書いていくつもりです。
まあ、ありきたりで普通ですが。


ココをポチっとお願いします!!

にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

Re: 通りすがりの投釣り師 さん

コメントありがとうございます。

> タイトルから、私の知識も参考になればと書かせていただきます。

ありがとうございます。そういった生のアドバイスがとても生きる人っていると思うのです。
私なんて、恥ずかしいお話し、『垂らし』に気付くのに何年かかったのやら(爆!)
私の釣り人生、師匠が居れば多分1/3は短縮出来たと思っております。
それこそへんなプライドが無ければ、投げ釣り教室・・・・通いたいなあなんて今でも思います。

ちょい投げの先の投げ釣り。
多分、タックル買ったモノの思うほどに距離が出ない・・・・そんな人ごまんといると思います。
そうした人に目からウロコのアドバイス・・・・差し出がましいなんて思うのですが。
また是非いろいろお願いします。
というワケで第2弾やります(笑)


たらしの長さについて

こんにちは、釣りオヤジさん。いつも楽しく見させていただいています。
タイトルから、私の知識も参考になればと書かせていただきます。

たらしの長さについてですが、着地で投げるものとして進めさせていただきます。
使う竿の長さの3分の2を基準に個人の投げ方を考慮してバットガイド(リールに一番近いガイド)からリールの位置の間で投げやすい長さに調節します。
基準から短くすると、錘をより重く感じるようになり、長くすると竿を曲げやすく感じるようになります。
それなら、垂らしは長いほうがと思われるかもしれませんが、垂らしが長いと竿の反発がうまく使えなかったり、竿が暴れるという現象が起こったりします。
皆さんもそのことを考慮して自分にあったたらしの長さを見つけてください。

長文乱文失礼しました。

Re: Tヨトミ さん

コメントありがとうございます。

>読者への迎合
とくにそういった感じでは無いのですね。
単にHow toモノの記事です。
投げのスペシャリストだったら、「何をわざわざ書いとるねん」という記事ですが、あまりにも当たり前の事が
教える人が居ないからみんなちょい投げでいいやって終わっちゃう。
多分、釣り具屋でも”投げ釣りの方が居ない”から教えられないんだと思います。
売るだけで終わっちゃっている。
記事を見て「ふ~ん、今度やってみよう」って思ってくれる人が居れば幸いです。

読者へ迎合するようなタイトルと内容、とても残念です

昔はとんがっていたのに・・・・

人間、一度高みを経験してしまうと落ちる事への恐怖からこうも書く内容が変わってしまうのかと

I feel very sad

&

I was very disappointed with Mr Ishikawa
プロフィール

Author:名古屋のイシカワさん
キスの投げ釣りを中心に、たまにイカダ、たまに船。
ですが最近はなかなか釣りに出掛けておりません(笑)
気紛れ更新になりますが、気軽に覗いてやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR